ボストンテリアのダイちゃん 闘病記 venus308cc.exblog.jp

犬 脳腫瘍


by venus308cc
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年 08月 28日 ( 1 )

ダイの発作では、みなさまに大変ご心配をおかけ致しました。
おかげさまで、19日(月) から 20日(火) の朝にかけて
何度か発作が起きそうになったのを最後に、以降発作が起きておりません。

昨日 8月27日(火) は、ダイの定期通院日でした。
c0280416_046613.jpg


前回の通院時に行った、抗てんかん薬(エクセミド)の血中濃度は 28 μg/ml でした。
朝晩8時に飲ませているのですが、
これは夕方6時30分に採血した一番濃度が低い時の値です。

ゾニサミド(エクセミド)の理想的な血中濃度は、
主治医の談によれば、おおよそ 10~40μg/ml だそうですので、
血中濃度が足りているにもかかわらず発作が起きたことになります。

そこで今回は、前回の通院時から エクセミド100mg を1日2回 から
1 錠半(150mg)×1日2回 に増量したので、
その後一番高い値を調べる為に、午前11時30分に採血をしました。

結果は1週間位かかるようですが、その結果 40μg/ml を超えていたら、
臭化カリウムとの併用を勧められました。

この薬は効果の発現に3~4ヶ月もかかるらしく、
ダイは発作が起きると週に1度とかではなく、1日に数回と頻度が高く、
その上、起きないときは数ヶ月も起きなかったりと周期のようなものがあるので、
次の発作周期に備えて今から服用を始めるのがタイミング的には望ましいそうです。

但し、この薬には、消化器症状(吐いたり下痢したり、重度の場合には膵炎) の副作用が出るらしく、
すい炎を患ったことのあるワンコやすい臓が悪いワンコには要注意なのだそうです。

ダイは少し前に膵臓のマーカーが悪かったことがあるので、
この薬を与えるべきか、このまま エクセミド と ステロイド剤(プレドニン) だけに頼るべきか迷っています。

参考資料

主治医を信じて与えた方が良いのか。
でも、それによってかえって副作用で苦しむことになったらと思うと、決心がつきません(>_<)
みなさんだったら、どちらを選択なさいますか?


今日は、中におやつを入れるタイプのおもちゃを買って来て、
ダイが元気に遊ぶ姿を 動画 でUPしてみました。
初めての動画ですので、見苦しいかもしれませんが大目に見てくださいね。
c0280416_1442942.jpg



          にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2013-08-28 01:46 | 定期検診