ボストンテリアのダイちゃん 闘病記 venus308cc.exblog.jp

犬 脳腫瘍


by venus308cc
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

度重なる発作

昨日4月20日のPM3:16の発作に続き、
今朝21日AM2:20と、AM11:46の
24時間の内に合わせて3回の発作に見舞われました。

かかりつけの獣医さんからは、月に1~2回の発作なら大丈夫と言われていたのに、
こんなに突然度重なって起きるものなのだろうかと、疑問がわきました。

16日(火)に2週間分の薬を貰いに行き、それを飲ませ始めたのが18日(木)の夜から。
発作が起き始めたのが、その2日後。
これって偶然だろうか?
まさかとは思うが、違う薬を誤って処方されてしまったということはないだろうか。
こうしている間にもダイの命が危険にさらされている可能性があるかもしれないのだし、思い切って電話で確認してみることにしました。

すると、担当の獣医さんはお休みだったようで、
他の獣医さんがカルテをご覧になりながら応対してくださいました。
それによると、抗てんかん剤の種類が変わっているということでした。
成分自体は何の問題も無いと仰ってましたが、
今まで服用していた薬で発作も起きず快調だったにもかかわらず、
今回何故薬が変わったのか、
しかも、薬を替えることについて何の説明もなく・・・
もちろん単なる偶然の可能性が高いとは思いますが、
このことで獣医さんに対して不信感が一気に膨れ上がりました。

電話で応対してくださった獣医さんに、
発作が長引いたときの座薬の他には対処の方法はないのか伺ったところ、
とりあえず、朝晩2分の1錠ずつ服用している抗てんかん剤を4分の3に量を増やして様子をみて、それでも頻繁に発作が起きるようなら一両日中にも来院するようにとのことでした。
それで血液中の薬の濃度を測定し、その結果により他のてんかん予防薬と併用するなどの対処方法を検討しましょうとのことで、まだ望みはあるのだとわかり少しホッとしました。

一口に脳腫瘍と言っても、部位により症状は様々なのはわかりますが、
次に〇〇のような症状が表れたら〇〇のようにしてくださいというように、
予め言ってくだされば有難いのになぁ・・・


薬を飲む前も含めて、ダイの場合、発作は全て睡眠中に突然起こっています。
2回目の発作は、時間にすれば30秒~1分位のものでしたが、
鼻の奥に泡でも入ってしまったかのように、しばらくは苦しそうに上を向いてフガフガ喘いでおりました。
その時は、寝る前の散歩からかなり時間が経っていた為、掛け布団がびしょ濡れになるくらいの失禁をしてしまいました。
真夜中だし、翌日も雨だし、洗濯できないし、布団を干せないし・・・(汗)

今日の午前中は集合注射会場で狂犬病の予防接種の予定でしたが、
6月末までに受ければ良いようなので今回はとりやめました。

そして3回目の発作は、昨夜ほとんど寝ていなかったので、ダイと一緒に二度寝をしている最中に起こりました。
時間は2回目と同じ30秒~1分程でしたが、今回は少し脱糞もしてしまいました。

その後落ち着いてから、雨の中散歩に連れて行きましたが、ウンちゃんは出ませんでした。

予定では明日買い出しに出かけるつもりでしたが、明日はまたどうなるかわからないので、続けて発作が起こる可能性は少ないだろうと判断し、父にダイを任せ、
散歩直後に買い物に出かけました。

2時間後に帰宅し、買って来た物を冷蔵庫に入れたりしていると、
ダイが歩きながら滝のように大量のオチッコを垂れ流してしまいました。
発作の後、大量にお水を飲んだので、自分の意志ではどうにも制御できなかったのだと思います。
例のトイレに向かってあまりにもワンワン吠えるので、その時はたまたまトイレを目の届かないところに片付けてしまったままでしたので、かわいそうなことをしました。


急いで昼食を食べて、もう一度散歩に連れて行ったときのダイの様子です。
c0280416_1934531.jpg

発作が起きないときは至って普通です。
c0280416_1944261.jpg

c0280416_1944469.jpg

食欲もあります。
c0280416_1951675.jpg


どうか今夜は発作が起きませんように!


          にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2013-04-21 19:17 | 犬 脳腫瘍