ボストンテリアのダイちゃん 闘病記 venus308cc.exblog.jp

犬 脳腫瘍


by venus308cc
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

この度はダイの死を知った多くの方からお悔やみと励ましのコメントやメール、
並びに、お供えのお花を頂戴し、
大変有難く、感謝の気持ちでいっぱいです(涙)

c0280416_17244277.jpg

ダイの生前から大変お世話になっていた ayanaさん、ちゃーちゃんさん、
そして、ご挨拶に伺ったN動物病院の院長先生からもお花をお供えいただきました。

他にも親交のあった数名の方からお花のお供えのお申し出をいただきましたが、
そのお気持ちだけで十分有難く、お心遣いに感謝しながらも
辞退させていただきましたことを、どうかお許しください。


ダイの仏壇を何処に設置しようか迷ったのですが、
ダイは寂しがり屋で常に人の存在を確認していたので、
人間の仏壇の近くではなく、常に人がいるダイニングキッチンの隅にしました。



【近況報告】

昨日7月28日(火)ですが、
以前、ダイをカートに乗せて散歩することが日課になっていた時の通り道にお花屋さんがあり、
お店の前を通る度にダイのことを可愛がってくれていたご主人のお店にご報告を兼ねて、
棺に入れるお花を買いに行って来ました。

ちなみに、仏壇に飾られている ayanaさんとちゃーちゃんさんからの花籠も
そのお店から届けられたものです。


そして、午後からは火葬の予約をしておいた「ペットやすらぎの郷」へダイの棺を乗せて移動です。
c0280416_17442328.jpg


家車にこのステッカーを貼るのもこの日が最後かもしれません。
c0280416_17452992.jpg



実は、この日の千葉県の天気は雨予報だったのですが、
晴れ男のダイちゃんが本領を発揮して、見事なまでの青空に変わりました。

ダイちゃんと旅行に行ったときも雨が降ったという記憶がありませんし、
梅雨時のトイレ散歩でも、
ダイがトイレに行くときにはいつもその瞬間は雨が止んでいることがほとんどでした。
なので、わが家ではダイには晴れ男という称号が付いておりました(笑)


午後2時30分、ダイとの最後のお別れをし、
ダイは煙になってお空へと昇って行きました。

その時刻に合わせてダイの冥福をお祈りくださった方々にも深くお礼申し上げます。


そして小さくなって わが家に帰って来ました。
c0280416_17565240.jpg



余談ですが、以前飼っていたポメラニアンがお骨になったとき、
鼻がツンと上を向いていたのをよく覚えているのですが、
お骨になったダイの鼻は、やはり鼻ペチャでした(笑)
当然といえば当然ですが、お骨になっても愛おしいダイちゃんです。



そして今日7月29日(水)は、
お世話になった3軒の動物病院に、ご報告を兼ねてご挨拶とお礼に伺って参りました。
その内の1軒が冒頭でお花をお贈りくださったN動物病院です。
お世話になったお礼に伺ったのに恐縮してしまいました。

その帰り道の途中にある市役所に立ち寄り、ダイの登録抹消の手続きをして来ました。


今日はそんなこんなで一日掛かりになってしまいましたが、
今迄は、何処へ行くにも、何をするにも、ダイのトイレやご飯の時間を気にして
時間との戦いが日常になっておりました。
もう時間を気にしなくても良いというのに、
それが習慣になってしまっているので、何だか落ち着かないと言いますか、
何とも言い難い妙な気分で一日を過ごしました。

夜にしても、もう夜中にトイレ散歩に起きる必要がなくなったのだから天気予報も関係ないし、
朝も、薬やご飯を与える必要がなくなったのだから目覚ましをかける必要もなくなったのだけれど、
それが何とも落ち着かない気分なのです。

虚無感とでも言うのでしょうか !?
ペットを亡くされた方ならお解りになられると思いますが。


落ち着きましたら、
ダイの為に買った未使用のあれこれを欲しい方に貰っていただけたらと思い、
出来るだけ早いうちにブログにUPしますので、興味がおありの方はご覧くださいませ。

例、シリンジ(新品)、マラセブシャンプー(未使用)、着せるおむつカバー(L)、ピルポケット(未開封)等



               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2015-07-29 18:28 |

ダイの最期

この度はブログをご覧の多くの方からお悔やみのコメントやメールをありがとうございました。
出来るだけ早く返信させていただきますので、しばらくお待ちくださいませ。

季節が寒い時期でしたらダイには1日でも長く自宅にいて欲しいところではありますが、
この暑さですから傷みが早く、本日午後2時半に斎場を予約しました。

食欲もなく、時間まで手持無沙汰になってしまいましたので、
ダイの最期の様子をご報告させていただくことにしました。


ダイが生きている時の最後の写真です。
c0280416_12482461.jpg

これは7月25日のダイですが、
この日頃から麻痺が進んで(悪化して)いるように感じてはおりましたが、
食欲もトイレも変わらず元気に動き回っておりましたので、
まだまだ後2年位は生きそうだと本気で思っておりました。

亡くなる当日(昨日ですが)は、朝食を済ませた後、定期通院の為 かかりつけの病院で、
腎臓の機能を助ける点滴と、インタードッグとビタミンの注射と、投薬をお願いして帰宅しました。

その後、午前中はいつものように寝て過ごし、
昼食もしっかり完食し、お昼寝をして、
夕方チッコをしてから水分補給の為 美味しそうにスイカを食べ、
夜までその辺を動き回ったり行き倒れたりしておりました。

私達が夕飯を食べているときに、あまりに動こうとしては
あちこちに頭をぶつけたり転んだりが激しかったので、
母が食べ終わるまで私がダイを抱っこしておりました。

抱っこしている間は気持ち良さそうにおとなしくしており、
また下に降ろすとぶつかりながら動き回っておりましたので、
また抱っこして母が食べ終わるのを待ち、
次に母と交代してダイを抱っこしてもらっている間に夕食を済ませ、
ちょっとトイレに行って戻って来たら、
母が「ダイがウンPしちゃったんだけど、これって死んだときのアレじゃないよね !? 」と言うので、
まさかとは思いながらも、下に降ろして確認したら
さっきと変わらず温かく柔らかくて、とても死んでいるようには見えず、
でも、今まで抱っこされながら粗相したことなど1度もなかったので、
恐る恐る呼吸と心拍を確認したら、全く動いておりませんでした。

母も死んだ瞬間に全く気付かなかったくらい、
全く苦しむことなく眠るように永遠の眠りにつきました。

ガンの一種である脳腫瘍でこんなに安らかな死を迎えられることなんてあり得るでしょうか。
最期までダイは奇跡を起こしたような気がします。

ダイの死は悲しいですが、ペットにとってこれ以上幸せな死に方があるでしょうか。
だから私は敢えて心臓マッサージや人工呼吸を施しませんでした。
もしかしたらダイのことですからもう1度くらい復活して皆様を驚かせたかもしれませんが、
ダイにとってこれ以上の死に方はあり得ないと判断し、ダイの死を受け入れることにしました。

私にしばらく抱っこされ、次に母に抱っこされ、
そのまま眠るように母の腕の中で逝ったダイちゃん、
ワンコとしてこの上なく幸せな死を迎えられたと思います。


10歳と5ヶ月
内、闘病生活2年5ヶ月

晩年は辛い闘病生活でしたが、ダイの生涯は幸せだったのではないでしょうか。


わが家に笑顔と幸せをもたらしてくれたダイに
心からありがとうと言って送り出してあげたいと思います。


これから斎場へ向かい、お別れして参ります。


ダイと私達家族を応援してくださり、ありがとうございました。


c0280416_1327549.jpg


c0280416_1327214.jpg


c0280416_13273720.jpg


c0280416_13275565.jpg


c0280416_13281145.jpg


c0280416_13282622.jpg



今日は頭の中でウイッシュの御案内がリフレインしております。




               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2015-07-28 13:28 | 犬 脳腫瘍

お知らせ

本日 午後8時頃、ダイが虹の橋を渡りました。

たまたま母が抱っこしているときで、亡くなる瞬間さえ分からない程、突然で安らかな死でした。

<
c0280416_20360870.jpg
br>

これまでダイと私達家族を応援してくださった皆様方に心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。

取り急ぎご報告申し上げます。



にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2015-07-27 20:28
ご報告が遅くなりましたが、
6月19日のブログにて遺棄されたボストンテリア2頭の里親さん募集の拡散をさせていただきましたが、
保護先の「青空☆お日さま☆笑顔」さんのブログによりますと、
オスの BuBuくん はご家族が決まりました。

メスの ViViちゃん は鼠径ヘルニアの手術が無事に終わった直後に肥満細胞腫が見付かり、
近いうちに細胞腫の切除手術が予定されているそうです。
その発覚前に、既に心待ちにされているご家族様がいらっしゃったそうです。
もちろん病理検査の結果が良性であることを願うばかりですが、もし思わしくない結果であっても、
それも含めてご家族に迎えてくださる神様のような方とご縁がありますよう祈らずにはいられません。

まだ、前のブログのコメ返が途中ですが、取り急ぎご報告させていただきます。
ご協力、ありがとうございました。
1頭でも多く不幸なワンちゃんがいなくなりますように願っております。



               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2015-07-24 22:17 | ボストンテリア

近況報告

皆様、こんにちは。
関東地方では梅雨明けして、いよいよ本格的な暑さの到来です。
人間もワンコも熱中症には気をつけねばなりませんね。

前のブログでも触れましたが、先月から今月にかけてダイと同じように脳腫瘍で闘病されていたワンちゃん数頭がお亡くなりになりました。
梅雨時や気圧と何か関係があるのでしょうか。
飼い主さん達の悲しみと喪失感は如何ばかりかとお察し致します。
謹んでお悔やみ申し上げますと共に、一日も早く飼い主さん達の悲しみが癒えますようお祈りさせて頂きます。


先ずは私達家族の近況ですが、
私も両親も時折喘息のような咳が残ってはおりますが、何とか日常生活に支障をきたさないまでに回復することが出来ました。
3人が一度に寝込んでしまい、定期通院日にダイを病院へ連れて行くことが出来ないこともありました。
いやいや酷い目に合ったものです(汗)
せめてもの救いは、ダイが絶好調だったことです。

梅雨時だというのに、トイレも雨止みの時に最小限連れて行くだけで お漏らし等一切ありませんでしたし、ウンPも1日に1回健康的な良いウンPが出ましたし、本当に助かりました。
もし、この時期にダイの具合が悪くなっても、病院へ連れて行くことも困難だったと思います。


現在もダイの調子の良さは継続中であり、発作が起きる気配など微塵も感じられず、変化のない日常が当たり前のような生活を送っております。

しいてあげれば、最近は涎が多くなりました。
以前は滅多に涎を垂らしているようなことはなかったのですが、脳腫瘍のせいか、年齢のせいか。

それと、定期通院日には ついでに投薬もお願いしているのですが、最近では薬を吐き出すベテランになってしまい、ドクター&看護婦さん泣かせになってしまいました(笑)


ダイを見ていると平均寿命まで生きられるのではないかと思ってしまう今日この頃です。

c0280416_11494399.jpgr>





にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2015-07-20 10:55 | 近況報告

ダウン

こんにちは。
ブログの更新に少し間が空いてしまいました。
さすがに梅雨だけあって、雨の降らない日がありませんね。

前回のブログから今日までに、ダイと同じように脳腫瘍で闘病中だったワンちゃん数頭がお亡くなりになりました。
陰ながら応援させて頂いておりましたので残念でなりません。
この時期は気圧が不安定で体調を崩し易いのでしょうか !?


体調を崩し易いのは何もワンコに限ったことではありませんで、実はわが家では両親が老人会に出席した際に、たちの悪い風邪をうつされてきて、半月程前から寝込んでしまいました。
私までうつらないようにうがい手洗いを頻繁に行いながら、両親の看病とダイの介護に明け暮れておりましたが、先週の金曜日についに私もダウンしてしまいました。

連日38度5分から39度の高熱が続き、唾をのみ込むのも困難な程の喉の痛みと、熱がやや下がってきたら喘息のような咳が一日中続き、自分が病院に行くのがやっとでダイを病院に連れて行くことが出来ません。

一番先に寝込んだ母がやや回復傾向にありますので、今は母に頼りきっている毎日です。
とはいえ母も70代後半ですし、まだ咳が酷く体力を消耗しておりますので、手が空いた時には横になるように勧めております。

父も最初の頃に比べたら熱も下がったようですし、少しは食欲も出てきたようですが、まだお粥と寝床から離れられません。

私が一番症状が重く、先日の日曜日に友人の結婚披露宴にご招待頂いていたのですが、出席することが出来ませんでした(涙)


人間全員が寝込むという非常事態の中で、一番元気で死にそうもないのが ダイちゃんです(笑)

それも、定期的な点滴や注射のおかげでもあると思うのですが、ダイを病院に連れて行けなくなってしまったので、そのせいでダイの体調が悪くならないことを願うばかりです。
薬だけは切らす訳にはいきませんから、明日雨の中を母に取りに行って貰います。

私はまた咳き込みながら内科医院を受診して薬を貰って来なければなりません。

これで もし肺炎にでもなったとしても、ダイに薬を飲ませるのに2人がかりでないと飲ませることが出来ませんので、入院することも出来ません(>_<)

この度のことで、ペットを飼うって こんなにも大変なことなのだと、つくづく実感ました。


皆様もくれぐれもお身体にはご注意くださいね。


そして、苦しみのない世界に旅立たれたワンちゃん達のご冥福をお祈り致します。






にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2015-07-08 13:56 | 近況報告