ボストンテリアのダイちゃん 闘病記 venus308cc.exblog.jp

犬 脳腫瘍


by venus308cc
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

皆様、こんにちは。
近頃めっきり暖かくなり春の訪れが感じられます。
これからは春の花が次々と咲き乱れ、お散歩の目を楽しませてくれますね。
私は花粉症なので辛い季節でもあるのですが(汗)

ダイちゃん、10歳の誕生日を迎えることが出来ました。

c0280416_1133520.jpg


脳腫瘍と診断されてから2年が過ぎ、まさか10歳の誕生日を迎えられるとは思ってもみませんでした。

これも皆様からの応援やアドバイスのおかげです。
心から感謝しております。
ありがとうございました。

今日は掛かり付けの病院が休診日の為、別の病院で薬を飲ませていただいたのですが、
その際、先生から「人間の2年は犬にとっては10年位に値するから凄いことだよね」と仰っていただきました。
確かに言われてみればそうですよね。
「犬の年齢表」によれば、大体8歳から9歳までが人間の4年、9歳から10歳までが4年ですから、
ダイは脳腫瘍になってから、人間で言えば8年以上も頑張って生きてきたことになります。
本当にダイの生命力は凄いです!

10歳を迎えたダイちゃんの動画は こちら をご覧ください。

今日はすこぶる元気です(笑)

これで、朝晩の薬さえ自宅で飲んでくれたら、ダイのストレスも軽減されるし私達の手間も省けるのですが。



               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2015-02-27 12:09 | 誕生日

久しぶりのお散歩

こんにちは。
今朝は2個目の缶詰を開けたところで、肝臓の薬1個を残して薬を飲むことが出来ました♪
しかし、今日はインタードッグ(犬用のインターフェロン)とビタミン剤の注射が予定されておりましたので、飲めても通院しなけければなりません。
ついでに院長先生に昨日のMRIや診断書の件をお願いしたところ、
パソコンからデーターを送ってくださることを快諾してくださり、取り敢えずは一安心です。

今日は朝方降っていた雨も上がり お天気が良く、制吐剤のおかげで吐き気も治まったので、
病院から帰宅後にダイをカートに乗せて川沿いを数ヶ月ぶり(?)に散歩に連れて行きました。

c0280416_1454648.jpg


久しぶりにダイの歩く姿を動画で撮影することが出来ましたので こちら にUPしました。

散歩のおかげで少しは食欲も出たみたいで、お昼ご飯は茹でて割いたささみを茹で汁で溶きのばした缶詰と和えてあげたら残さず食べてくれました。

今迄は吐き気と体力の消耗が激しかった為、トイレ以外のお散歩は避けておりましたが、
運動は胃腸の働きを活発にする効果もありますし、筋力の増強にもなりますので、
これから春に向け暖かくなりますので、お散歩を再開してみようかと思っています。
私と母の運動不足の為にもね(笑)

それで朝晩の薬さえ自宅で飲めるようになってくれれば助かるのですが。



               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2015-02-23 14:53 | 今日の散歩

病院事情

皆様、こんばんは。
今日(と言っても、もう昨日ですが)は、通院で嫌な思いを致しました。
そのお話(愚痴)です。

ここ数日、ダイはまた薬を飲めない日が多くなり、1日2回通院して飲ませてもらっております。
問題は、かかりつけの病院が休診のときなのですが、
金曜日は かかりつけの病院で紹介して頂いた市内の病院でお世話になっているのですが、
問題は日曜日の夕方の投薬でして、日曜日の夕方に診療している動物病院ってすごく少ないのです。

以前、24時間年中無休の病院に行って飲ませてもらったこともあったのですが、
その時間だと片道1時間以上かかり、夕方の忙しい時間帯にはちょっと厳しいものがあります。

たまたま昨日は、かかりつけの病院をペットホテルとしてお泊りするワンコがいたので、
夕方のご飯を与えに来る時間に薬を飲ませてもらえないか伺ったところ、断られてしまいました。

そこで、市内で1箇所だけ日曜祝日の夕方に診療している病院を見付けることが出来たので、
昨日はそこへ行ってみたのですが、出来ることなら2度は行きたくないと思えるような病院でした。

ただ私は、日曜と祝日の夕方の薬の飲めないときだけ飲ませて欲しいだけなのに、
今回は特別に飲ませたけれども、4日以内にMRI・CTの画像や血液検査の結果、薬の処方について等の診断書を持参しないと、次回からは飲ませることが出来ないと言われてしまいました。

まあ、そこまではその病院の方針や責任というものもあるでしょうから、まだ仕方ないかなとも思えなくもないのですが、全ての薬を粉状にすりつぶして水を加えてドロドロにしたものをシリンジで飲ませてくれたのですが、その飲ませ方というのが、ダイの首根っこを鷹のように掴んで捻りあげるようにして抑え込んでいるのです。
それが首の後ろだけならまだしも、首の横から前にかけての部分まで!
確かに嫌がってはおりましたが、激しく抵抗している訳でもないのに普通そこまでしますか!?

その他にも「えっ!?」と思うような発言がいくつかあったりして、
行かなくて済むのなら、もう2度と行きたくないと思える病院なのですが、
ここは自宅から車で15分位ですので、片道1時間以上に比べると身体は楽なのです。
この先、ダイがもっと弱ってくるとますます薬も飲めなくなってくるでしょうし、
私が用事でいない日も出てくるでしょうから、そうなると母だけでの時には近いに越したことはありません。
長期的な目で見ると目を瞑って、ここにお願いするしかなさそうですが、
今度は薬について「これは飲ませることが出来ない」とか、治療方針にまで異を唱えられそうで
とても憂鬱です。


不愉快な内容でしたので気分直しにこちらをご覧ください。

ダイちゃんの寝起き
c0280416_2285312.jpg


ブサイクなお顔(笑)
c0280416_235480.jpg


ペンギン(フクロウ?)ダイちゃん
c0280416_2352110.jpg





               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2015-02-23 02:31 | 病院

奇跡のダイちゃん

皆様、こんばんは。
ダイが脳腫瘍で数ヶ月単位の命と宣告されてから、早いもので2年が経過しました。
その間、何度も危険な状態に陥りましたが、その都度生還を果たしてまいりました。

一番最近では、先月の中旬頃から体調を崩し、
下痢、嘔吐、食欲不振、脱水症状などで見る見る痩せ衰えていき、歩くことさえ困難になってしまい、誰もが今度こそ もう駄目だろうと、1月いっぱいもつかどうかと覚悟しておりました。

2月2日(月)のPM4:40頃に2~3分の発作を起こしましたが、
それ以降は起きておりません。

前回のブログにも記載しましたが、薬が飲めなくなった為、
毎日朝夕、1日2回の病院通いを余儀なくされておりましたが、
3日位前から、アイディー缶(小)を肉団子状にして薬を中に入れて飲めるようになりました。

ご飯は今まで食べていたものなど色々与えてみましたが、
どれもあまり食べてはくれませんでした。
が、今月に入ったあたりから 何か食べたそうにしているような感じに見受けられたので、
試しに茹でた鳥のささみを与えたら美味しそうにパクパク食べてくれました。

ですので今は、朝夕 アイディー缶(小)を2分の1缶ずつで薬を飲ませ、
朝昼晩の1日3回の食事は、ささみ1本をみじん切りにして茹で、
その汁ごと消化器サポートの乾燥したドッグフードをふやかして与えております。
最近では残さずきれいに完食するようになりました。

そういえば、吐き気止めの薬を処方してもらってから嘔吐することがなくなり、
それが食欲が出て元気になった原因かもしれません。

つい最近まで歩くのもフラフラで尻餅をついたり倒れたりしていたのが、
今では2本足で立ちあがり、ピョンピョン跳ねて
「何かくれよ!」攻撃が出来るほど元気になってしまいました。

特にリンゴが大好きで、ワンワン鳴いてうるさく催促します。

歩くときも確りした足取りになり、体重も増えて重くなりました。


1月26日撮影  写真ではわかり難いですが、この頃は骨と皮になってしまいました。
c0280416_0415081.jpg


それが、昨日2月12日には母の靴下を奪おうと狙うほど元気になりました。
c0280416_0435053.jpg


c0280416_044457.jpg


悪そうな顔!(笑)
c0280416_0444588.jpg



そういえば、同じメーカーの消化器サポートのアイディー缶ですが、
大きさによって中身が違うのには驚きました。
c0280416_0454941.jpg



薬を飲ませてもらいに病院まで行かなくて済むようになった訳ですが、
こんなに元気になっても まだ週に2回の点滴の必要があるか血液検査をしてもらったところ、
下痢の症状はまだ続いてはいるけれども、しばらくやらないで様子をみましょうということになりました。

が、一時期 最低限の薬だけに絞って与えていたせいか、
肝臓が以前よりさらに悪化していることが判り、また肝臓の薬が復活しました。

朝飲む薬
左上から順に、抗てんかん薬(ゾニサミド)、下痢止め薬、吐き気止め、抗生剤、肝臓の薬
c0280416_0545464.jpg


夜飲む薬
左上から順に、抗てんかん薬(ゾニサミド)、下痢止め薬、抗てんかん薬(臭化カリウム)、
吐き気止め、肝臓の薬2種類
c0280416_0574149.jpg



あと、2週間に1度 免疫活性の為の犬用のインタードッグの注射と
週に1度 ビタミン剤(下痢にも効果があるらしい)の注射をしてもらう為に
通院すれば良いことになりました。


いつまた薬が自宅で飲めなくなるか分かりませんが、
今こうして奇跡の復活を果たすことが出来たのは、
インタードッグの注射が効いているのかもしれません。

2月27日のダイの10歳の誕生日どころか、
もしかしたら来年の誕生日まで迎えられるのではないかと思うくらい元気になりました(笑)


いつも温かい応援と元気玉をありがとうございました!

皆様と愛犬も健康で幸せにお過ごしになれますように!



               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2015-02-13 01:14 | 犬 脳腫瘍

近況報告

今日の関東地方は雪予報でしたが、
私の住む千葉県では一日雨でまだ雪は降っておりません。
明朝、積もっていなければいいなぁ・・・

さて、皆様にご心配をお掛けしたまま なかなかブログの更新が出来ずに申し訳ありませんでした。
最近は特にダイちゃんを中心に地球が回っているような生活を送っておりますもので(^^;)


先ずはダイの近況報告ですが、
前回のブログをUPした翌日辺りから食欲と元気がなくなり、
身体もガリガリにやせ細って、すっかり弱ってしまった為、今度こそもうダメだろうと思い、
もう点滴や免疫活性の為の注射等は一切やめようと母と相談しておりましたが、
数日後にはまた少しずつ食欲と元気を取り戻し、何度目かの復活を果たしました。

脳腫瘍による麻痺のせいか、筋肉の衰えのせいなのか、
もう足もヨロヨロして歩くのもやっとだというのに驚くべき生命力です。

c0280416_02148.jpg


とはいえ、やはり食欲はなくなってきておりますので、また薬を飲ませるのが困難になりました。
弱っていた数日間は無理矢理口をこじ開けて飲ませることも出来たのですが、
元気が戻ってくるのと比例して、それも難しくなりました。
鍋つかみ等で手を保護していたにもかかわらず、一度に3本もの指を怪我したこともあります(汗)
親指など爪を貫通しており、しばらくは何をするにも力が入りませんでした。

c0280416_0212879.jpg


そこでまた、朝夕1日2回 動物病院へ行って飲ませてもらっています。
比較的食欲がありそうな夕方とかは、何とか1回分飲めることもあるのですが、
ほとんど毎日病院通いが始まりました。

c0280416_0215049.jpg


また、ここ最近は、よく粗相をするようになりました。
私達がサインに気付くのが遅いというのもあるでしょうが、
尿意や便意をもよおしてから排出されるまでの時間が短くなったというか、
我慢が出来なくなったように感じます。
センサーの働きが鈍くなってしまったのでしょうか。

それでもカーペットや廊下ならまだましなのですが、
今日は私のベッドで寝ているときにウンP(しかも半分は下痢)をされてしまい、
取り敢えず始末をして紙おむつを履かせて雑巾を洗って戻って来たら、紙おむつは脱げ、
毛布状の羽毛掛け布団カバー、タオルケット、ボアシーツ、ダイ用ブランケット、バスタオル等が
ウンPまみれに(>_<)
しかもこの天気に勘弁して~~~!

最近、寝ているときのダイはまるで死んだように、
ちょっとやそっとの音では目が覚めないくらい
気絶しているように熟睡することが多くなりました。
いつまでも同じ布団で一緒に寝ていたいと願いながらも、
亡くなるときは、このまま苦しまずに眠るように逝って欲しいと思ったりしています。

でも、闘病はまだ序の口で、これから地獄の日々が待っているのかもしれませんね。
これからはダイが夜中に起き出す気配がしたら、すぐに散歩に連れて行かないといけません。
なんとしても、夜中に布団がウンPまみれになるのだけは避けなくては!

早速ネットでサスペンダー付おむつパンツ(専用おむつパッドも)と
サスペンダーを注文しました。
それまで 持ちこたえてくれ~!
とはいえ、下痢ウンPにどれだけ通用するのかは不安ですが。

このところ食事の量が減ったせいか良いウンPが出るようになったのに、何がいけなかったのか。
最近は缶詰や乾燥したドッグフードはあまり食べなくなってしまったのですが、
鳥のささみとリンゴだけは喜んで食べてくれるので、
食べないよりはと食べるだけ与えてしまっているのが良くないのか、
それとも、ずっと消化器サポートの食事だったので、消化が悪いのか。

そういえば、食欲がなくなったときに「ヤギミルク」なるものを注文して与えてみたところ、
完飲はしたのですが、そのせいか翌朝は酷い下痢だったなぁ・・・
ダイは膵炎の気があるので脂肪分のあるものはダメなのかも。

リンゴ大好きダイちゃんの動画 (音が出ます)

復活後、元気を取り戻したダイちゃんの動画 (音が出ます)

こんな感じで、ダイは片時も目を離せない状況ですが、
この分だと10歳の誕生日を迎えることが出来るかもしれません。

ダイちゃんのブサ顔(笑)
c0280416_0191664.jpg




一方、私の近況ですが、多くの方にご心配いただき ありがとうございます。

年末近くに受けた市検診で異常が見つかり、再検査、再々検査を繰り返し、
やっと専門病院への紹介状を書いて頂き、
現在は大病院で精密検査を受けている最中です。

とはいえ、個人医院の先生も大病院の専門科の担当医も「白」とみなしているようですが、
私的には後で「あのときに ちゃんと精密検査を受けていれば」と後悔したくありませんので、
食い下がってでもはっきり「まっしろ」と納得できるまで検査をお願いするつもりでおります。
重篤な患者さんが多い大病院で私のような患者は歓迎されないかもしれませんが、
何事も早期発見早期治療です!
自分の身体は自分で管理しなければね。


予報では明朝は雪だというのに、私の病院の受診時間と
ダイに薬を飲ませてもらいに行く時間が重なってしまい、
母には負担を掛けてしまうことになってしまいました。
これからは予約の時間を考えねば。


皆様もワンちゃんの為にも、くれぐれもご自愛くださいね。
そして皆様とワンちゃんが健康でお過ごしになれますように!



               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2015-02-06 00:22 | 近況報告