ボストンテリアのダイちゃん 闘病記 venus308cc.exblog.jp

犬 脳腫瘍


by venus308cc
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2014年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

こんにちは。
連日、皆様からの温かい励ましのお言葉やアドバイス、
励みになるのはもちろんのこと、大変参考になります。
本当に有難く感謝しております。

このところダイの食欲が落ち、
かかりつけの病院で指定されたドッグフードを一切口にしなくなり、手作り食にしようにも、
ダイの場合、何が引き金となって膵炎が再発するか分からず、下痢をし易いので、
食材(特に食物繊維)について院長先生にご相談申し上げたところ、
Y病院ではワンコのご飯は栄養のバランスが難しく手作り食はあまり推奨していらっしゃらないということで、消化器サポートの缶詰はどうかとお薦めいただき、早速その晩(28日)から与えてみました。
c0280416_162149.jpg


するとどうでしょう!
ガツガツ食べっぷりの良いことと言ったら・・・
c0280416_14364250.jpg

食べ終わった後に、もの足りなさそうに催促するほどでした。
ということは、今まで食欲がなかったのではなく、
ただ単に食べたい食事が提供されなかっただけ !? (^^;
今までに4回与えて4回とも美味しそうに完食しました。
やっぱり、ご飯は喜んで食べて欲しいですよね。
しかも、ウンPも今までになく健康そのもののウンPです。
これで食欲不振と便の問題は解決しました♪

しかし、相変わらず一切お水は飲まなくなってしまいましたので、
以前、同じ病で闘病されていたロワくんのブログを思い出し、
スープで水分を摂らせることにしました。
ダイの体重のワンコは1日に大体500mlの水分を摂取する必要があるそうで、
缶詰でその半分の水分量が得られるので、残りをスープで摂らせることにしました。


ここから先にグロテスクな眼の写真がUPされておりますので、苦手な方はご遠慮ください。




































日付は変わり翌29日(日)、カーネーションは順調に花を咲かせております(^^)
c0280416_14524328.jpg



毎日の日課となった投薬の為の通院。
日曜日の午前中はかかりつけのY動物病院です。
c0280416_1455234.jpg


眼はアップで見ると こんな感じです。
c0280416_1455441.jpg


今日から液体の目薬の他に軟膏もつけていただくことになりました。
c0280416_14564434.jpg


上から見ると こんな感じです。
c0280416_1458071.jpg



最近は家では常に「抱っこ」をせがむようになりました。
c0280416_14591532.jpg

病気になって、より愛おしさが増してきます。

眼から吸盤のようなものが取れて無くなり、すっきりした印象になりました。
c0280416_1521164.jpg



日曜・祝日の午後はY動物病院が休診の為、24時間365日対応している
イオンモール幕張新都心にあるA動物病院まで投薬に行って来ました。
c0280416_156693.jpg

かかりつけのY動物病院は24時間対応ではありませんので、
夜間緊急時にと紹介されておりましたので、そのお願いも兼ねてのことです。
必要な情報を記入したカルテも作成していただき、
これで万が一の時の受け入れ態勢は万全に整いました。

PM7:30頃の眼の様子
c0280416_151551100.jpg


アップでは こんな感じ
c0280416_15163391.jpg

眼の周囲の腫れもほとんどなくなり、夜も目をつぶって眠れるようになりました。


翌30日(月)
紫陽花にも色々な種類が出てきて目を楽しませてくれます。
c0280416_15181738.jpg


今日から木曜日までの投薬は、朝晩ともかかりつけのY動物病院です。
(金曜の休診日は市内O駅近くにあるN動物病院に通います)
c0280416_15212785.jpg


アップでは こんな感じです。
c0280416_15231052.jpg



先日、院長先生に今までの症例ではダイの眼は今後どうなってしまうのでしょうかと尋ねた
ところ、眼球を摘出しなかった症例がほとんどないので正直分からないとのことでした。
でも、てっきり脳腫瘍の転移だとばかり思い込んでおりましたが、
先のブログへのコメントにステロイド等の薬の副作用ではないかという
有益な情報をいただき、明るい希望が見えてまいりました。


ここ数日、眼の痛みが和らいだのか、ダイがすっかり元の元気を取り戻しました。
ワンワン吠えて「何か くれよ!」と要求したり、
散歩から帰って玄関の扉の前で以前のように
「ブラッシングするまで家の中へは入りませんよ」という態度を見せたり、
紐を持って来て遊ぶようにまでなりました。

もちろん、朝晩2錠ずつ服用しているゾニサミドと、1日1錠の臭化カリウムという
限界以上の大量の抗てんかん薬のおかげであるということは承知しております。

それでもダイは毎日ワンコとして幸せに生きております!
c0280416_1542175.jpg




一週間前の週末に行われたイベント(ワンコとは無関係)のブログをまだUPしておらず、
それが終わりましたら一段落つき落ち着くと思いますので、
コメ返はもうしばらくご猶予をお願い致します。




               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2014-06-30 15:46 | 近況報告

検査結果

こんにちは。
毎日たくさんの方から励ましやアドバイスをいただき、心から感謝致しております。
特に2~3日前から病院指定の低脂肪消化器サポートのドッグフードを全く食べなくなってしまい、鳥のささみだけは好んで食べ、しかも下痢をしないで済むようなので、鳥のささみを使った
手作り食になりました。

ドッグフードを食べなくなったのとほぼ同時期にお水も飲まなくなってしまいましたので、
お水にニンジンをすり卸して(ガンにはニンジンジュースが良いと伺いましたので)沸騰させ、
チンしてほぐした鳥のささみを入れて少し煮込み、
仕上げに1cm角に切ったキャベツを入れ、キャベツが柔らかくなったら出来上がりです。
名付けて「鳥のささみとキャベツのニンジンスープご飯」といったところでしょうか。

これをベースにして毎日何か違う食材を入れて飽きないように作ろうと思っているのですが、
今日のお昼の散歩で、ちょっと下痢に近いウンPでしたので、
もしかしたら野菜(食物繊維)はNGかもしれません。

写真は食べ残しですが、今日は1cm角に切った かぼちゃを入れてみました。
c0280416_1458313.jpg


この先、皆様からいただきました貴重なアドバイスを参考にさせていただき、
色々と勉強しながら試してまいりたいと思っております。



今日の朝一番で薬を飲ませてもらいに通院したところ、
眼の細胞診の結果が取り急ぎファックスで送られてきておりました。

それによると、難しくてよく解らなかったのですが、先生の説明によると
検査した細胞がメラノーマ(ガン)なのか、ただの化膿による炎症なのか判別出来ない。
よって、ただの炎症の可能性がある以上は抗がん剤治療の選択肢は消えたとのこと。

な~んだ!
先のことをどんなに思い悩んでみても、なるようにしかならないのね(笑)
やっぱり先のことをあれこれ悩むだけ無駄ということですね。

後日正式な書類が送られてくるそうですが、
ファックスにメラノーマという文字が目に入ったときに、
ダイがMRIの診断結果で十中八九脳腫瘍(メラノーマ)と宣告されたときのことが
脳裏によみがえり、勝手な私の素人判断ですが、脳腫瘍の転移だと確信しました。

それでも、今後は抗生剤で化膿や感染症を予防するという治療方針で一致しました。
あと出来ることと言えば、インターフェロンの注射で免疫機能を高めることくらいだそうです。



眼の状態は1日の内でも刻々と変わっております。

ここから先はかなりグロテスクな写真が出てまいりますので、
苦手な方はご覧にならないでください。










































AM7:30 寝起き直後
c0280416_1523730.jpg


アップで見ると
c0280416_15235982.jpg


嫌がって目ヤニ(膿)を拭かせてくれなかったので、このまま撮影しました。
c0280416_15252380.jpg



AM9:00 病院の待合室にて
c0280416_15262235.jpg


アップで
c0280416_15264074.jpg


角度を変えるとわかり易いかな。 噴火口か蛸の吸盤のようになっています。
c0280416_15273822.jpg



PM2:00 自宅にて
c0280416_15275828.jpg


アップで見ると
c0280416_15284671.jpg



母もそうですが、自分の愛犬のこんな姿を何故写真に撮ったり公表したりするのかと
お思いの方もいらっしゃると思います。
ダイの眼が眼球リンパ腫の疑いがあると言われ、ネットで検索したのですが、
「犬、眼球リンパ腫、眼球、腫瘍、脳腫瘍、転移」等で検索しても
ほとんど知りたい情報が得られませんでした。
今後、同じような病気になられた方の参考になればという思いと、
このブログの目的はダイの闘病記ですから、百聞は一見に如かずと申しますから、
訪問してくださった方がご覧になって病状がよくおわかりいただけると思ったのです。
ダイの亡き後は、可愛かった頃の姿だけ覚えていていただければ有難いです。


主治医の口ぶりでは、発作が起きない限り まだしばらく(数ヶ月)は生きられそうです。
当面の課題はダイの食欲と食事と便かなぁ・・・




               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2014-06-28 16:04 | 近況報告

ダイちゃんの その後

こんにちは。
大勢の皆様方からの温かい励ましやアドバイスをいただき、なんとか頑張っております。

いつもは枯らしてしまう母の日のカーネーションも更に蕾が咲き始めました。
c0280416_15594079.jpg

最近では、こんな些細なことに喜び、癒されております。


肝心のダイのその後ですが、薬を増量したことにより発作がパッタリ治まりました。
ただ、まだ抗がん剤も何もやっていないにもかかわらず、食欲がめっきり落ちました。
その為、今迄は鳥のささみに包んで誤魔化しながら与えていた薬を飲んでくれなくなり、
朝夕 毎日病院へ通って飲ませてもらうことになりました。

ピルクラッシャー等で粉状にして何かと混ぜてシリンジで与えてはどうかというアドバイスも頂戴しましたが、病院で教わった通り口をこじ開けようとしましたが、意地でも口を開かないという
感じで、ガルルルッと抵抗が激しくて家の者が与えることは断念せざるを得ませんでした。

今日はかかりつけの病院が休診日の為、昨日病院でいくつかご紹介いただいた内で
一番近い病院で薬を飲ませていただきました。
これからまた夕方にも行って夜の分を飲ませてもらいます。
薬だけは何としても飲ませないと、またてんかんの発作が起きて命取りになりかねませんから。
そこの病院までは車で10分~15分位ですのでまだ良いのですが、
日曜・祝日の午後はどちらもお休みなので、また別の病院まで行かなければなりません。
そこまでは片道30分~1時間位かかります。
ただ、そこは24時間年中無休ですので、緊急時にはそこへ行くように言われております。
という訳で、この先しばらくは遠出は出来なくなりました。


ダイの眼ですが、今日はかかりつけの病院が休診日ですので まだ結果はわかりません。
一昨日の夜が腫れの一番ピークだったようです。
その時は眼も腫れも酷く、この先どこまでいってしまうのだろうと不安でたまりませんでしたが、
だんだん膿が流れ出てくるようになり、今日は随分腫れが引いて眼球も小さくなりました。

この後、今朝のダイの眼の写真が出ますので、
グロテスクなのが苦手な方はご覧にならないでください。































今朝のダイちゃんの眼
c0280416_1629649.jpg

これでもかなりましになりました。

但し、2週間効く抗生剤の注射と飲み薬、痛み止めの飲み薬だけで、
根本的な治療はしておりませんので、悪化することはあっても完治することはありません。
この先 何も手を施さないと腫瘍が壊死して悪臭を放つようになるそうです。

ダイが脳腫瘍と診断された時に、ダイにはワンコとしての生活を第一にと考え、
抗がん剤の投与は行わないと決めましたが、
ここにきてこんな決断を迫られるとは思ってもみませんでした。

先のブログで、もし検査の結果ガンだったら抗がん剤治療を選択すると言いましたが、
これ以上ダイが食欲を失うくらいなら、初めの意思を貫き、放置して対処療法を選択し、
ダイにはホスピスのように、出来る限り痛みと苦痛を取り除いて
自宅でくつろいで過ごせるようにしてあげた方が良いのではと思っております。

延命治療を行ったからといって、この先には何が待っているのでしょう。

もし高過ぎる程の麻酔のリスクをクリアして眼球を摘出したとしても、
それが脳から神経を通じて腫瘍が眼球まで続いていたら、
手術して刺激を与えたことにより、より活発に増殖することが考えられ、
また、眼球があった空洞に一気に腫瘍が押し寄せてくる可能性もあることから、
眼球の摘出は行わない方が良いとのこと。

そうなると、抗がん剤の効果がどの程度かは誰にもわかりませんが、
眼からだんだん腐って行き、その後どうなってしまうのでしょうか。
先のことは考えてもなるようにしかならないので考えないようにしておりますが、
今回ばかりは不安でなりません。


ダイの食欲についてですが、
病院から指定されたドッグフードを一切食べなくなってしまいました。
少し前までは、フードに鳥のささみをほぐして混ぜてあげると一緒に食べたのですが、
最近では嫌な物が口に入ると器用に口から出してしまいます(汗)
なので何も食べないよりはと、鳥のささみと茹でたキャベツを混ぜて与えたりして
少しでも食べてくれるように頑張っています。

先日は全く食欲がなく、試しに豚肉を茹でて与えてみたり、
パンを与えてみたりしましたが、全く口にしませんでした。

ダイが生きている間には食べさせてあげることは出来ないだろうと思っていた
「ヒマラヤチーズ」を購入し、すりおろしてフードにかけてみたり、
そのまま与えてもみましたが、匂いを嗅いだだけで口にはしませんでした。

c0280416_1793198.jpg

でも、生きているうちに与えることが出来て良かったです。


なんだか、まとまりのない愚痴めいたブログになってしまいましたが、
ご心配いただいている皆様に先ずはご報告まで。

今はまだ皆様からのパワーをいただき、残り少ないダイとの生活を愛おしむ余裕があります。
まだまだダイと一緒に頑張ります!
応援ありがとうございます。



               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2014-06-27 17:16 | 近況報告

近況報告

このところ、みなさまにご心配をお掛けするだけのブログになってしまいました。
ご心配いただいたみなさまからは、心温まるコメントやメールをいただき
大変有難く感謝しながらも、お返事が後回しになって申し訳ありません。
もうしばらくご猶予をお願い致します。


今朝は眼が腫れ上がり、朝の散歩ではチッコはしましたが、
お水は飲んだものの 全く食べ物を受け付けず、
命をつないでいる薬を飲んでくれないので パニックになりそうでしたが、
神にもすがる気持ちで かかりつけの動物病院に電話したら、
院長先生の携帯に転送されたようで、電話がつながり 受け入れてくれることになりました。

病院に到着したときには既に院長先生をはじめ、
他の獣医さんやスタッフの方達も到着されておりました。
受付開始時間前に、入院患者さんや病院で飼っているペットのお世話をされていらっしゃるのかもしれませんね。

c0280416_16365533.jpg


いつもの薬を飲む時間を30分以上過ぎてしまいましたが、なんとか間に合ったようです。
食欲が無いのは痛みのせいと思われるということで、
鎮痛剤兼炎症を抑える薬も飲ませていただきました。

c0280416_16371766.jpg


今後のこともありますので、錠剤の飲ませ方を教えていただきました。
口をこじ開け、喉の奥に押し込むという荒業です。
そんなことが出来るかどうか不安ですが、やらなければ命にかかわりますので、
火事場の馬鹿力を発揮するしかありません。

炎症を起こしているせいで熱があるので身体を冷やすように言われた為、
寄り道をして、ペットショップで冷却マットと頭を冷やす枕も買って帰りました。

c0280416_16373567.jpg


薬が効いてきたのか、帰宅したらお腹が空いたみたいで、
先程食べずに残しておいた鳥のささみとドッグフードを食べてくれました。

朝一番の散歩でウンPが出なかったので、もう一度連れて行ったところ、
珍しく2回のチッコと健康そのもののウンPが出て、ホッと一安心しました。

午前中はクーラーの効いた部屋で、ベットに冷却枕で寝かせたら良く眠れたようで、
体温も下がり元気になりました。

元気になったら、こんな「おいた」もするようになりました(笑)
c0280416_1638082.jpg


c0280416_16383321.jpg


散歩ですれ違った方が振り向くほど容貌が変わってしまいましたが、
ダイが痛みや苦しみさえなければ、
私達家族にとってはそんなことは些細なことに思えます。


母の日に買ったカーネーション、いつもは蕾のまま枯らしてしまっていたのですが、
今年は植え替えてあげたら、2番目の蕾が次々に咲き始めました。
黄色はもう少し先になりそうです。

c0280416_16392158.jpg

ダイちゃんも、カーネーションのように何回でも復活しますよ!(^^)

みなさま、応援ありがとうございます♪



               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2014-06-24 16:47 | 近況報告
みなさま、こんばんは。
先のブログにおきましては、コメントやメッセージ、メール、はじめましての方や、鍵コメ、
大勢の方からのご心配や励ましをいただき、ありがとうございました♪
本当に嬉しかったです!
お返事はもう少しお時間をくださいね。

実は、先のブログでご報告した通り、
ダイの右目の怪我が悪化しているように感じられたので、
かかりつけの動物病院を受診し、眼科がご専門の院長先生に診ていただいてから、
きちんと1日5回位ずつ点眼を実行しました。

翌20日は良くなったように感じられたのですが、
21日(土)朝から、どろんとした目ヤニとも言えないような
大量の分泌物が目から流れ出るようになり、目も白くブヨブヨした感じに見え、
目からあふれ出る目ヤニをティッシュで拭いてやると血が付いていたりと、
日に日に悪化するように思え、昨日朝一番で病院を受診しました。

すると、どうやら傷は眼球内部からのものらしいということになり、
エコー検査の結果、眼球腫瘍(眼球リンパ腫)の疑いが濃厚ということで、
局部麻酔による細胞診を行いました。
もし癌だった場合、そこが原発なのか、
あるいは転移によるものなのかは判断はつかないそうです。

ダイが脳腫瘍で手術不可能だと宣告されたときに、
私は、ダイには出来るだけ苦痛が少なくワンコらしく生きられるよう
抗がん剤や放射線等の積極的な治療ではなく、対処療法を選択しました。

ところが、ここにきて思わぬ事態が起こりました。

もし ダイの眼が癌だった場合、
1、眼球の摘出手術
2、抗がん剤による治療
3、放置して様子をみる
の 3つしか選択肢がないそうです。

1 は、健康体ならまだしも、
もう残り僅かな命とわかっているのに高いリスクを冒して手術をし、
麻酔から覚めてから退院までの間、ダイの痛みや恐怖や心細さを思うと、
とても手術には踏み切れません。

3 を選択したいのはやまやまなのですが、前回院長先生に診ていただいてから
たったの4日間でこれだけ悪化するということは進行がかなり早いとのこと。
このまま何もせず放置した場合、眼球内の腫瘍がだんだん大きくなり眼球が大きく腫れてきて
いずれ近いうちに破裂し、中身が出てしまった後眼球が凹むといった、
外見が大きく変わってしまうということを覚悟しなければならないそうです。
外見なんかどうでも良いのですが、それだけの傷ですから相当な痛みを伴うということは
想像に難くありません。
治療もダイにとっては拷問のように感じられるのではないでしょうか。

となると、残りは 2 の抗がん剤に頼るしか選択の余地はありません。
この進行具合だと、外部に検査を依頼した細胞診の結果が出る頃には
もう破裂しているかもしれませんが、院長先生が仰るには、
もしかしたら抗がん剤が脳腫瘍にも効果があるかもしれないという利点もあるとのこと。
問題は副作用ですが、肝臓や内臓の機能に障害が表れたり、
食欲不振、嘔吐、下痢などが心配です。
今は鳥のササミにくるんだ薬をかろうじて飲んでおりますが、
薬を飲まなくなるとてんかんの発作が起こり命取りになります。
院長先生はそこまでの食欲不振にはならないとは仰っておりましたが。

まだ結果が出ていないので、詳しくは結果が出てからになりますが、
抗がん剤は最初の期間は2種類の抗がん剤を交互に
1日置きに注射(15分位かかるらしい)に通い、
その後、飲み薬になるようなお話でした。


まだ そうと決まった訳ではありませんが、
まさか眼球に転移する可能性があるなんて想像もしておりませんでした。

今こうしている間にもダイの目がドロドロ融けているように感じられます。
それほど あっという間に悪化しているのです。
結果が出るまでの一週間がとても長く感じられます。



昨日は通院後、ダイと母を自宅前で降ろして、その足でペットショップへ行き
ダイのリードを買ってきました。
今まで使っていたのが いつの間にかボロボロになっていたので(汗)

新しいリードを付けてトイレ散歩です。
c0280416_123698.jpg


動画は こちら です。



【追記】

昨晩は痛みがあったのか ぐっすり寝つけず、
立ち上がって位置を変えては横になり、また立って向きを変えては寝て
を繰り返しておりました。
それでも朝方ほんの2~3時間は眠れたのでしょうか。

今朝になったら 更に腫れ上がっております。

ここから先はグロいのがダメな方はご覧にならないでください。



























かなり腫れ上がっています。
c0280416_874940.jpg


遠目ではこんな感じです。
c0280416_882363.jpg


近付いて見ると
c0280416_885652.jpg


これでも写真を撮る前にドロッとした大量の目ヤニを拭いてから撮影しております。
c0280416_895390.jpg


こんなに進行が早いのでは今日明日にも破裂してしまいそうです。
c0280416_8111655.jpg



今朝は食欲がなく、ささみでくるんだ薬を飲んでくれません(>_<)
薬を飲んでくれないと発作が起きてしまいます(/_;)
病院に行ってもきっと今この状態では手の施しようがないでしょう。
どうしたら・・・(涙)



               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2014-06-24 01:40 | 転移

ダイちゃん復活!

こんばんは。
この度はご心配をお掛けしました。
ダイちゃん、私の帰りを元気に出迎えてくれました♪

昨日は寝る前のトイレも出来ないくらい具合が悪そうで、
目薬もおむつも されるがままになっておりましたが、
夜中の午前2時半頃、むっくり身体を起こしてベッドの上をウロウロ歩き出しました。
寝る前にチッコもウンPもしなかったのでトイレに行きたくなったのかと思い、
またもや丑三つ時に外へ散歩に連れ出すことになりました(汗)

自宅近くの草むらでは してくれなかったので、
芝生のある場所まで抱っこして連れて行き、芝生に降ろして
帰ろうとするダイを何度も芝生に連れ戻して、何度目かで やっとチッコをしてくれました。
そして、しっかりした足取りで自宅まで歩いて帰ることが出来ました。
自宅までの道のりもしっかり覚えておりました。

自宅に着いた頃には いつもの元気を取り戻しており、
薬を飲ませたときの残りのささみを全て食べてしまうほど快復しておりました。

しばらくは寝たくないようでベッドの上でウロウロしておりましたが、
寝たふりをしていたら おとなしく朝まで寝てくれました。

朝になったら いつものダイちゃんに戻っており、
トイレ散歩でチッコもウンPも出て、食欲もいつも通りありました。

毎日8時に飲ませる薬はレンジでチンした鳥のささみにくるんで与えているのですが、
早く早くとワンワン催促するほど元気になってくれたので、
今日は安心して母に任せて出掛けることが出来ました。

夕方帰宅したときにも元気に出迎えてくれ、
その後、涼しかったのでカートに乗せて川沿いまで散歩に連れて行き、
今日は寝る前にもチッコをしてくれたので、真夜中に散歩に行かなくても済みそうです(^^)

c0280416_23165613.jpg


c0280416_23173361.jpg


この病気は徐々に悪化するというものではなく、
日によって具合が良かったり悪くなったりするものなのですね。

皆様からの元気玉やパワーがダイに届いたに違いありません!
本当にありがとうございました♪

c0280416_2318275.jpg




               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2014-06-22 23:27 | 近況報告
ここ2~3日、元のダイちゃんが戻って来たと喜んだのも束の間

c0280416_23504596.jpg


c0280416_23505871.jpg


今日の夕方から床に伏したままで起き上がる元気もなくなってしまい

c0280416_23513112.jpg


カートでトイレ散歩に連れて行き、芝生の上に降ろしても座り込んで動かず、
トイレも出来なくなってしまいました。

気のせいか、体温が低いように感じます。
もしかしたら今夜辺り危ないのかもしれません。

でも、今日の夕方までは食欲もありましたし、まだ体力も衰えてはいない筈です。
人間のがん患者さんでも日によって具合の良い日と悪い日があるようですから、
ダイも明日になればまた元気を取り戻してくれれば良いのですが。

私、明日はどうしても外せない用事で出掛けなければなりません。
私が帰宅するまで待っていてね!



               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2014-06-22 00:00 | 近況報告

目の検診

おかげさまで、あれから嘘のように発作が治まり、
日常生活や睡眠時間、そして心身共に余裕が出てまいりました。
それで こうしてブログの更新やコメ返もぼちぼち返せるようになったわけですが、
いつまた大きな発作が起こるか油断は出来ませんので、
買い物にも行かず、自宅にある食料品のストックで食いつないでおります(笑)


そんな中、今日は1週間程前に怪我をした目の経過を診ていただく為に
かかりつけの動物病院を受診しました。

c0280416_235431.jpg

ダイが嫌がってなかなか目薬をつけさせてくれないものですから、
抗生剤も服用していることだし大丈夫だろうと高を括っておりましたら、
左目は順調に快復していたものの、右目が角膜の下にまで膿が達していました。
飼い主の怠慢でダイの目を悪化させてしまったのです。
だからいつになっても右目がショボショボしていたのですね。
これからは愛犬がどんなに嫌がっても心を鬼にして、
何としてでも薬はつけなければいけないと痛感しました。


そして、この ↑ ダイの鼻があまりにも見るに堪えないので、ワセリンを塗っていただきました。

c0280416_23181520.jpg

塗った直後はこんなでしたが、時間が経つにつれ黒光りしたきれいなお鼻になりました。
使用後の写真がありませんので、それはまた後日UPさせていただきます。


それと、朝晩1錠と4分の3錠ずつ飲ませ始めた抗てんかん薬のゾニサミドですが、
また増量し、朝は1錠と4分の3錠、夜だけ2錠になりました。
今でも発作は落ち着きつつありますが、これでまたしばらくは抑えられるのかな。


話は変わりますが、ダイが退院して自宅に戻ってからというもの数日はウロウロ落ち着きませんでしたが、最近ではカーペットや布団に寝るようになりました。
そのおかげで、睡眠不足を取り戻すべく一緒に昼寝をしたり、ブログをUPしたり出来るようになりました。
とはいえ、以前のように日なたで気持ち良さそうに仰向けで寝ている姿はほとんど見られなくなり、どちらかといえば、具合が悪くて突っ伏している又は横たわってるというように見受けられます。


昨晩(と言っても今日の)午前2時半に、またベッドの上をウロウロし出したので、
またチッコをされては敵わないと、真夜中にもかかわらずトイレ散歩に連れて行きました。
それでウンPとチッコが出たので落ち着いて寝たのですが、
私は目が覚めてしまい、そんなとんでもない時間にコメ返を書いていたりします(笑)

今晩は涼しかったので母と私のカロリーの消費も兼ねてちょっとロング散歩に連れて行きましたところ、チッコとウンPを1回ずつしました。
これで今晩は大丈夫かな。
真夜中の散歩が習慣になってしまったら大変ですから、取り敢えずは安心しました。



【追記】
このブロをUPしてから30分後に発作が起きてしまいました。
時間は1分程の軽いものでしたが、やはり これからは目が離せません。




               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2014-06-19 23:53 | 近況報告

今日のダイちゃん

ご心配をお掛けして申し訳ありません。

皆様からのたくさんの励ましや元気玉のおかげで、ダイちゃんが復活しました!

昨日の朝以降、発作が起きておりません。
1日2分の1錠ずつ増量した抗てんかん薬が効いてきたのかもしれません。

とはいえ、もちろん一時的なもので、いつまた大きな発作が起きるかわかりませんし、
良くなるということはありえませんので手放しで喜ぶことは出来ませんが、
それでも落ち着いてくれて良かったです。


まだ発作が治まりそうもなかったときにペット用のおむつを はかせてみました。
c0280416_16522755.jpg

これは寝たきりのワンコ用なのでしょうか !?
ダイのようにまだ動き回れるワンコだと、サイズは合っているはずなのに下へずれてしまい、
〇ンがオムツから出てしまい、これではあまり役に立ちそうにありません(^^;
サスペンダーで吊るという方法もありますが、さて どうしたものか。


本当はダイの姿を動画でご覧いただければ一番良いのでしょうが、
なかなか撮影するチャンスがなく、静止画でお許しください。


【今日のダイちゃん】

c0280416_16501961.jpg


c0280416_16503299.jpg



いつもダイと私達家族を応援してくださって、ありがとうございます。
心から感謝致します。



               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2014-06-18 17:01 | 近況報告

経過報告

こんばんは。
この度はご心配をお掛けし申し訳ありません。
ダイと私達家族の為に、温かい励ましのコメントやメールをありがとうございました♪

皆様からの元気玉のあかげでダイの発作が落ち着きつつあります。

今まではフードで釣ってなんとか目薬をつけることが出来たのですが、
発作以降は以前ほど食欲がなくなった為、嫌がって目薬をつけさせてくれません。
そこで昨日は通院日ではなかったのですが、目がショボショボしておりましたので、
悪化させてはいけないと思い主治医に診ていただいたついでに、
現在の発作の状況などを報告しましたら、刺したままになっていた点滴の針を抜いていただけました♪

とはいえ、昨日の夕方に病院に行ったのですが、
ちょうど診察中に発作が起きて、診察台から、主治医の白衣の上下から、床から、
ウンPまみれにしてしまいました(大汗)


前回のブログ以降の発作の状況などは次の通りです。

15日(日) PM8:30、PM9:50 軽度の発作
PM11:20 軽度ではあるが短時間で3回の発作の為 座薬を使用
そのまま朝まで落ち着いて寝る
運良くトイレシートの上での発作だったので、リネン類を一切汚さずに朝を迎えることが出来た。
(洗濯をしないで済んだ)

16日(月) AM10:40 軽度の発作
PM5:50 病院内での発作
PM11:20 軽度ではあるが、発作が治まったと思ったらまた次の発作が起こったので座薬を使用
発作後落ち着かず、夜中の1時半頃 母と散歩に連れて行き、チッコをしたら落ち着いて寝た。

17日(火) AM5:20 軽度の発作
今回もトイレシートの上での発作だった為、洗濯物はなし♪
AM8:00 言われなければ気が付かないほど軽度の発作

以降、現在まで発作は起きておらず落ち着いております♪


昨日、主治医と今後の治療方針について話し合ったのですが、
発作が治まらず病院で点滴中に大きな発作で命を落とす可能性があることは覚悟しておりますが、
できれば自宅で家族が見守る中で看取ってやりたいとのこちらの希望を告げ、
今後 発作が起こったときは延命優先ではなく、たとえ寿命がその分短縮されたとしても、
自宅で過ごせる時間を優先して、てんかんを止める即効性の注射と抗てんかん薬の更なる増量で、
点滴は緊急性が無い限り、極力しないようにしましょう、ということになりました。


ご心配いただいているダイの症状についてですが、
ダイと同じ脳腫瘍を患われたワンコの飼い主さんのブログを拝見させていただくと、
頭を傾げ同じ方向にグルグル回るという症状がありましたが、
ダイの場合は少し違いまして、休むことなくずっと落ち着きなく歩き回るには違いないのですが、
頭を傾げたり一定の方向に回り続けたりあちこちに頭をぶつけて歩くということはありません。
しいていえば大きい発作の後、退院して連れて来られた家が、まるで初めて連れて来られた場所のように落ち着かないといった感じでしょうか。
それとも腫瘍のせいで落ち着かないのかな。

それと、発作中は身体に触らずに見守るだけにするというのが
てんかんの発作の鉄則だということは知っておりますが、
私の思い込みかも知れませんが、
ダイの場合は発作と気付いた時点で首をモミモミしてやると発作が軽く治まるような気がします。


前回のブログでもご報告させていただきましたように、以前のダイとは違ってきております。

ちょっと長めのトイレ散歩に行ってもチッコもウンPも1度も出ないこともしばしばですし、
大きい発作の後、相変わらず自宅や玄関の入口がわからず素通りしてしまったり、
以前ほど食欲が無くなり、おやつにドッグフードを与えても口からポイッと吐き出してしまったり、口かどこか麻痺が出ているのか、物が食べ難く(口が開き難く)なっているようですし、
これからは快方に向かうということはありえないわけですから仕方ありませんね。


本来でしたらご心配くださっている皆様にダイの動画でもご覧いただき
ご安心いただきたいところではありますが、ダイから目を離せる時間が限られている為、
取り敢えず文章だけのご報告でお許しください。

最近では発作の頻度も低く軽度になりつつありますので、ちょっとだけ気が緩んでおりますが、
とはいえ、いつ大きな発作が起きるか油断はできません。

前回のブログにもたくさんの方のコメントをありがとうございました♪
少しずつではありますが、これから時間を見付けて返信及び経過報告をさせていただくように致します。
取り急ぎ、経過報告まで。



               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2014-06-17 23:50 | 近況報告