ボストンテリアのダイちゃん 闘病記 venus308cc.exblog.jp

犬 脳腫瘍


by venus308cc
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2013年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

こんばんは。
皆さまには大変ご心配をおかけしましたが、
あれ以来発作も起こっておらず、すっかり元の暴れん坊将軍に戻りました!(^^)
c0280416_017597.jpg


同じ病で闘っているボステリママさんからご紹介いただいた
「PET SHOP HAC和歌山」さんから先日の問い合わせの返信をいただきましたので、
ご紹介させていただきます。

*******************************************************************************************

数日で9度も発作があったのは心配だったことと思います。
まず考えてあげたいのは、今後はワクチン接種やフィラリア予防薬、ノミダニ予防薬も出来れば使わないでください。
ワクチンに関しては、法律で決められている狂犬病のワクチンもダイちゃんを診てくれている獣医さんなら接種はしないはずですので、自治体から接種の連絡があっても獣医さんに今の症状では接種できない、と証明してもらえば問題ないです。
フィラリア予防薬は、今のダイちゃんは血液検査などをする機会も多くなると思いますので、その時にフィラリアも確認してもらえば安心です。

オメガ3はフラックスシードにとても多く含まれていますので、今のような時は倍量まで増やしてください。
カルニチンは羊肉に多く含まれていますので、食事のトッピングとして食べさせてあげてください。
また、発芽玄米にはカルニチン自体は少量しか含まれていませんが、玄米の含有の成分が体内でカルニチンを合成する働きがありますので、発芽玄米もたくさん食べさせてあげてください。

脳腫瘍がある場合に発作を予防するサプリメントとしては、ビタミンB6が良いです。
脳内のギャバの作用を高めますので、抗痙攣剤と同じ作用があり、上手くいけば薬を止めることも可能です。

当ショップの商品では、アズミラBコンプレックス50 になります。

あと、脳のエネルギーになるのは唯一糖分だけなんです。
また、糖質は脳で使う場合に余計な廃棄物を出しませんので、脳に負担がかかりません。
サツマイモをドロドロになるまで炊いてから、食事と一緒に食べさせてあげてください。
また、獣医さんには叱られるかもしれませんが、アイスクリームも良いです。
人間用のアイスクリームをティースプーンに1杯くらいを1日に2回ほど食べさせてあげてください。

良いお友達がいて心強いですね。

*******************************************************************************************

早速「アズミラBコンプレックス50 」他を注文させていただきました。

この方のアドバイスでは、フェラリアの薬も飲ませない方が良いと仰っていますが、
夏は散歩に出ると真っ先に蚊が寄って来ますよね。
それでもフェラリアの薬を飲ませる方がリスクが高いのでしょうか。
脳腫瘍と闘われた経験のある方はどうされたのか、
できましたら参考までにお教えいただけると有難いです。


昨夜、散歩の途中で、
近所にお住いの唯一のボステリ仲間のボス君にお会いしました♪
c0280416_0184139.jpg

あまりにボス君の動きが早くてまともな写真が撮れません!(汗)
c0280416_0185661.jpg

ボス君、ペットボトルに夢中で他のことには全く関心がありません(笑)
c0280416_0191625.jpg

その間ダイはどうしているかというと、完全に腰が引けてます(笑)
c0280416_0192873.jpg



今日(もう昨日ですが)は、近所にコンビニが開店したので、
散歩の途中に記念撮影など(笑)
c0280416_0194960.jpg



発作が起きてからというもの、いつまた起きるかと
ダイのちょっとした声や物音や寝返りにさえも敏感に飛び起きてしまう日が続いています。
どうか、このまま発作が起きませんように!
ダイに平穏な日が長く続きますように !!


          にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2013-04-27 00:23 | 犬 脳腫瘍

復活したダイちゃん

こんにちは。
みなさんにはご心配をおかけしましたが、
抗てんかん剤を2分の1錠から 1錠に増量したことによって(座薬の効果?)、
50時間以上、発作が起きておりません。

ダイはこんなに元気です!
c0280416_14521974.jpg


食欲もありますし
c0280416_14534119.jpg


右目の角膜上皮びらんもだいぶ良くなりました。
元気になったら目薬をつけるのも一苦労です(汗)
c0280416_14554673.jpg


でも、発作を起こす前とは少し違っています。

発作を起こす前は、暇さえあれば思い出したように絨毯をボロボロにしたり、
サンダルや物を探しては咥えて来たのに、
玄関に履物が脱ぎ捨ててあって、それに気がついても特に興味を示さず、
絨毯にも関心がないようです。

そして夜になると(時には昼間でも)何かに向ってワンワン吠えまくっていたのが、
全くといって良いほど吠えなくなりました。

散歩に連れて行き、往きはカートで帰路をいつものように歩かせていると、
以前は自宅を目指して一目散だったのが、
途中で立ち止まってウロウロするようになりました。
自分が今何処にいるのか、自宅が何処だったか、
わからなくなってしまうのかもしれません。

カートに乗せても、いつもは楽な姿勢でお座りか伏せをしているのに、
途中で不安げに立ち上がって、時には飛び降りようとしたりするようになりました。

以前は引っ張りっこをねだったり、うるさいほどおやつを要求したりしていましたが、
興奮することを敬遠しているみたいに感じます。
頭が痛むのかな・・・

興奮することがほとんどなくなったので、
全体の印象としては、多少元気がなくなったように感じられます。

でも、みんなが応援してくれているから、ボクがんばるよ!
c0280416_15175341.jpg


          にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2013-04-25 15:21 | 犬 脳腫瘍
この度は多くの方にご心配いただき、ありがとうございました。
あまりに多くのことがあり過ぎて、何からお伝えしたら良いのか・・・


先ずは、ご心配いただいたダイの経過について、
投薬後初めての発作から順を追って列記します。

4月20日(土)
AM8:00 抗てんかん剤 エクセミド 2分の1錠、ステロイド薬 プレドニン 1錠
PM3:16 初めての発作 1分位 ベッドで昼寝中
PM8:00 抗てんかん剤 エクセミド 2分の1錠

4月21日(日)
AM2:10  発作 30秒~1分位 ベッドで就寝中
AM8:00  抗てんかん剤 エクセミド 2分の1錠、ステロイド薬 プレドニン 1錠
AM11:45 発作 30秒~1分位 二度寝(睡眠)中
PM12:00 かかりつけの動物病院に電話
         抗てんかん剤を4分の3に増やすよう指示を受ける
PM7:00  右目の黒目の部分が白内障のように白く濁っており、
         白目が充血していることに気が付く
PM7:20  発作 1分位 初めて起きている時
PM8:00  抗てんかん剤 エクセミド 4分の3錠
PM9:37  発作 1分位 布団の上に自分で横になってしばらくして

4月22日(月)
AM7:00  発作 30秒~1分位 ベッドで就寝中
AM8:00  抗てんかん剤 エクセミド 4分の3錠、ステロイド薬 プレドニン 1錠
AM9:30  かかりつけの動物病院で診察を受ける
         抗てんかん剤を1錠に増やすよう指示を受ける
         今までは5分以上痙攣が続いた場合にと処方された 座薬 ダイアップ を
         1分以上の発作に使うように指示を受け、余分に2錠処方される
         右目が「角膜上皮びらん」と診断
         その場で「格子状角膜切開」という外科治療を受け、
         エコリシン点眼液ヒアール点眼液0.1
         抗生物質 ビブラマイシン を処方される
AM10:50 病院内の待合室で発作が起きる 2分程度
AM11:30 抗生物質 ビブラマイシン 1錠
PM1:40  発作 1分位 ママに抱っこをおねだりの直後

PM8:00  抗てんかん剤 エクセミド 1錠
PM10:05 発作 30秒位 布団の上に自分で横になった直後

4月23日(火)
AM8:00  抗てんかん剤 エクセミド 1錠、ステロイド薬 プレドニン 1錠
         抗生物質 ビブラマイシン 1錠
PM12:00 1分位の発作の後、横になったまま小刻みの痙攣が続き
         初めて 座薬 ダイアップ を使う
         直後から起き上がれるようになったものの、
         時間が経つにつれ麻酔から覚めた直後のように
         後ろ足に力が入らずフラフラになる

2種類の点眼薬は思いついたときに1日3~5回の点眼(理想は1時間おき)

現在に至る(詳細は後程)。



次に、主治医の先生の名誉の為に誤解を解いておきませんと(汗)

1、抗てんかん剤の変更の件

主治医曰く「薬はずっと【ゾニサミド】のまま変えておりません。
薬のパッケージが変わっただけです」との事
昨日追加で処方された同じはずの薬には【エクセミド】と印字されています。
c0280416_18585749.jpg

ネットで調べたところ「ゾニサミド」というのは一般名で、
「エグセミド」というのは総称名らしいです。

つまり、今までカルテには「ゾニサミド」という名称で記入されていたものが、
今回から「エグセミド」になっていたので、違う抗てんかん剤と勘違いされたのではないかと思います。
確かめたわけではありませんが、この病院では専門が分かれていて、主に院長先生が眼科、担当医は腫瘍関係、電話に出られた先生はアレルギーや皮膚疾患が担当で、専門分野でなかった為に起こった勘違いではないかと想像致します。


2、狂犬病予防注射の件

担当医にスマホで「狂犬病予防接種の免除について」という箇所をご覧いただき、
「狂犬病予防注射猶予証明書」の発行を願い出たのですが、
その存在自体をご存じなかったようで、院長先生に確認されたようで、
獣医師会か何かの会合では、自然災害とかの場合以外は狂犬病予防接種の免除は認められていないとの報告を受けているとのことでした。

そこで担当医の許可を得て、その場で市役所の担当者に電話で確認したところ、
やはり私の住む八千代市ではそのような制度は設けられていないとのことでした。
ただ、事情を話したところ、病気ということで免除してくださいました。

結果的には免除になりましたが、
狂犬病予防接種というのは、基本的には人間を守る為の法律なのだそうで、
八千代市の動物病院としては正しい行為(方針)だったことになります。

住んでいる自治体によって様々なようです。
皆さまからのアドバイスのおかげで私も勉強になりました。


以上の通り、誤解と思い込みであったことが判明したわけですが、
お世話になっている動物病院をはじめ、担当医の先生にはご迷惑をお掛け致しました。
心からお詫び申し上げます。



肝心のダイの様子ですが、

治療前、白内障のように黒目の部分が白くなって、赤く充血している様子
c0280416_18581335.jpg

緑色に染色された部分が角膜びらん
c0280416_18582896.jpg

この直後に発作が起こり、ちょうどその様子を院長先生と主治医にご覧いただくことができました。


今日の正午に起こった発作はいつもと違い、1分程の激しい発作の後、
しばらく横たわったまま小刻みに痙攣が続いた為、初めて座薬を使用しました。
ところが、その直後には回復しいつものように起き上がったのですが、
しばらくすると、麻酔がかかったようにふらついて、
ペットボトルの給水口からお水を飲むとむせてしまったり、
低い段差でも後ろ足が必ずひっかっかったり、
2本足で立っておねだりした後、後ろ足に力が入らず背中から真後ろにひっくり返ってしまったりと、座薬を使ったことを早まったと後悔しました。

今現在はだいぶ覚醒したようで、それ以降発作も起こっておらず、
元気にしております。
c0280416_191308.jpg


今後は、薬の量を増やしたことで2~3日様子を見て、
血中濃度が安定して発作の間隔が週に1度位になれば良いのですが。
今後の治療方針としては、週に1度位の発作に治まるようにすることだそうです。

主治医には、ダイが犬らしく幸せな余生が送れるような治療方針でと、
念を押してお願いしました。



PET SHOP HAC和歌山」さんに注文しておいた無添加のおやつが大量に届きました。
c0280416_18592447.jpg

気になっていた「はと麦」もサービスでいただきました♪
c0280416_191122.jpg

現在てんかん予防のサプリメントについて問い合わせ中です。



最後になりましたが、多くの方にご心配やコメントをいただき、ありがとうございました。
できるだけ時間を見つけて個々に返信させていただきますので、
しばらくお時間をください。


          にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2013-04-23 19:30 | 犬 脳腫瘍

度重なる発作

昨日4月20日のPM3:16の発作に続き、
今朝21日AM2:20と、AM11:46の
24時間の内に合わせて3回の発作に見舞われました。

かかりつけの獣医さんからは、月に1~2回の発作なら大丈夫と言われていたのに、
こんなに突然度重なって起きるものなのだろうかと、疑問がわきました。

16日(火)に2週間分の薬を貰いに行き、それを飲ませ始めたのが18日(木)の夜から。
発作が起き始めたのが、その2日後。
これって偶然だろうか?
まさかとは思うが、違う薬を誤って処方されてしまったということはないだろうか。
こうしている間にもダイの命が危険にさらされている可能性があるかもしれないのだし、思い切って電話で確認してみることにしました。

すると、担当の獣医さんはお休みだったようで、
他の獣医さんがカルテをご覧になりながら応対してくださいました。
それによると、抗てんかん剤の種類が変わっているということでした。
成分自体は何の問題も無いと仰ってましたが、
今まで服用していた薬で発作も起きず快調だったにもかかわらず、
今回何故薬が変わったのか、
しかも、薬を替えることについて何の説明もなく・・・
もちろん単なる偶然の可能性が高いとは思いますが、
このことで獣医さんに対して不信感が一気に膨れ上がりました。

電話で応対してくださった獣医さんに、
発作が長引いたときの座薬の他には対処の方法はないのか伺ったところ、
とりあえず、朝晩2分の1錠ずつ服用している抗てんかん剤を4分の3に量を増やして様子をみて、それでも頻繁に発作が起きるようなら一両日中にも来院するようにとのことでした。
それで血液中の薬の濃度を測定し、その結果により他のてんかん予防薬と併用するなどの対処方法を検討しましょうとのことで、まだ望みはあるのだとわかり少しホッとしました。

一口に脳腫瘍と言っても、部位により症状は様々なのはわかりますが、
次に〇〇のような症状が表れたら〇〇のようにしてくださいというように、
予め言ってくだされば有難いのになぁ・・・


薬を飲む前も含めて、ダイの場合、発作は全て睡眠中に突然起こっています。
2回目の発作は、時間にすれば30秒~1分位のものでしたが、
鼻の奥に泡でも入ってしまったかのように、しばらくは苦しそうに上を向いてフガフガ喘いでおりました。
その時は、寝る前の散歩からかなり時間が経っていた為、掛け布団がびしょ濡れになるくらいの失禁をしてしまいました。
真夜中だし、翌日も雨だし、洗濯できないし、布団を干せないし・・・(汗)

今日の午前中は集合注射会場で狂犬病の予防接種の予定でしたが、
6月末までに受ければ良いようなので今回はとりやめました。

そして3回目の発作は、昨夜ほとんど寝ていなかったので、ダイと一緒に二度寝をしている最中に起こりました。
時間は2回目と同じ30秒~1分程でしたが、今回は少し脱糞もしてしまいました。

その後落ち着いてから、雨の中散歩に連れて行きましたが、ウンちゃんは出ませんでした。

予定では明日買い出しに出かけるつもりでしたが、明日はまたどうなるかわからないので、続けて発作が起こる可能性は少ないだろうと判断し、父にダイを任せ、
散歩直後に買い物に出かけました。

2時間後に帰宅し、買って来た物を冷蔵庫に入れたりしていると、
ダイが歩きながら滝のように大量のオチッコを垂れ流してしまいました。
発作の後、大量にお水を飲んだので、自分の意志ではどうにも制御できなかったのだと思います。
例のトイレに向かってあまりにもワンワン吠えるので、その時はたまたまトイレを目の届かないところに片付けてしまったままでしたので、かわいそうなことをしました。


急いで昼食を食べて、もう一度散歩に連れて行ったときのダイの様子です。
c0280416_1934531.jpg

発作が起きないときは至って普通です。
c0280416_1944261.jpg

c0280416_1944469.jpg

食欲もあります。
c0280416_1951675.jpg


どうか今夜は発作が起きませんように!


          にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2013-04-21 19:17 | 犬 脳腫瘍

投薬後初の発作

本日 4月20日(土)、薬を服用して2ヶ月と10日
ついに恐れていた「その日」がやってきてしまいました。

パパとママが出掛けて留守だった為、
ベッドで一緒に惰眠を貪っていた PM3:16
何の前ぶれもなく突然てんかんの発作が襲いました。

時間にして1分程の短いものでしたが、
目はバセドー氏病のように飛び出したようになり、
四肢が突っ張り、泡をふいて、激しい痙攣でした。

先ず行ったことは、ベッドから転落しないように身体を支えることと、
発作が長引いた場合には座薬を入れなければならないので時間の確認、
それと口からふいた泡で窒息しないように拭き取って、
舌を噛まないように注意して見守ることでした。

発作が治まった後は、何が起きたのか分からないといったふうで
興奮して動き回ろうとしてベッドガードに顎をぶつけたりしましたが、
いくらか興奮が収まったところで抱き上げて、撫ぜながら落ち着かせました。

布団の上に戻し、四肢や身体をやさしくマッサージしてあげながら、
約1時間後の状態です。
c0280416_16584248.jpg

1階へ下ろしたら、お水を大量に飲みました。
発作の後は喉が渇くようです。

その後は、いつもと変わらず落ち着いておりますが、
これからは今まで以上に目が離せなくなりそうです。

予定では明後日の朝まで玄米食にするつもりでしたが、
少し早めて今晩からオリジナルドッグフードとサプリメントに切り替えることにしました。

かかりつけの医師からは、月に1~2度の発作なら大丈夫と言われたのを
心の拠りどころにして、気をしっかり持って頑張らねば!

          にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2013-04-20 17:08 | 犬 脳腫瘍

ダイの食卓

昨日もダイは絶好調です!
スリッパを咥えた顔があんまり可愛かったので
写真を撮ったらキレて引きちぎっております(笑)
c0280416_2362315.jpg


今日のお散歩はいつもとはまた違ったルートにしてみました。
最寄駅周辺のメインストリートです。
c0280416_2365626.jpg

つつじが見頃を迎えております。
c0280416_2371254.jpg

市で指定されている木がつつじなので、
メイン通りは色とりどりのつつじが植えられています。
c0280416_2373556.jpg

白いつつじも綺麗なのですが、
母がダイの背景にして撮るのは遺影みたいで嫌だと言うので、
つつじだけで撮影しました。
c0280416_2374788.jpg

私はゆりの花のようで好きなんですけどね。
c0280416_2382234.jpg


愛犬が同じ病気で闘っていらっしゃる飼い主さんから、
脳と脊髄を一つの神経が繋いでいるらしく、首を下げるとつっぱってしまうので、
頭下げない方が良いというアドバイスをいただき、
早速ダイがご飯を食べるときの台を家にあるもので間に合わせに作ってみました。
c0280416_2383614.jpg

初めは「何これ~!?」みたいな態度で、ハウスから出たり入ったりしていましたが、
結局残さず食べました(笑)
この「お盆」ですが、ふちが付いているので食べこぼしが下に落ちず、
間に合わせにしては意外といい感じです♪
ヘルニアの防止や脳腫瘍を刺激しないという効果もあるそうです。
しばらくは、これでいってみます。


昨夜は冷え込みましたので、夜のお散歩はミノムシ状態です(爆)
c0280416_239360.jpg



          にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2013-04-20 02:43 | 犬 脳腫瘍

定期通院と近況報告

このところ風の強い日が続いていますね。
c0280416_1514812.jpg

八重桜は散り始め、つつじが見頃を迎えております。
c0280416_152396.jpg


そんな中、最近ダイが夜鳴きをするようになり、
捕獲して2階の私のベッドで一緒に寝せなければならなくなり、
思うようにブログの更新やコメントができなくなりました。

日中は、最近は寝ていることが多くなったような気がしますが、
起きているときは、このように椅子の足や絨毯を食べてみたり
c0280416_145578.jpg

ゴロン♪ゴロ~ン♪ をしてみたり
c0280416_1453736.jpg

c0280416_1455873.jpg

c0280416_146737.jpg

c0280416_1463184.jpg

比較的おとなしく過ごしているのですが、
何故か夜寝る前になるとワンワン吠え始めます。

私のベッドは高いので、ベッドに乗せてしまえば
ダイには降りることができないので観念しておとなしくなりますが、
万が一寝ている間に発作でも起きて落ちた場合のことを考えて、
下にはマットレスを敷き詰めて万全の態勢を整えております。
c0280416_1473653.jpg


16日(火)は2週間分の薬をもらいに、かかりつけの動物病院へ行ってきました。
c0280416_1493787.jpg

フェラリアの検査ついでに肝臓機能も含めた、かなり詳しい検査を依頼しました。
結果は2週間後に次の薬をもらいに行ったときにお聞きすることにしました。
お腹も触診してもらいましたが、確かに太ってきてはいるものの、
特に異常は感じられないということでしたので一安心。
でも「高脂血症」という診断が下されました。
今後オリジナルフードを注文する際には、それも合わせて調合していただかなくては。
とりあえず結果が出るまで、ステロイド薬は今まで通り毎日1錠ずつ飲み続けることになりました。

ついでにお願いしてMRIの画像を写真に撮らせていただきました。
MRI を撮った日本動物高度医療センターの許可も得て
ブログにUPさせていただきました。

これが2ヶ月前に撮影されたダイのMRI 画像です。
c0280416_1501165.jpg

赤枠の部分が左後頭部の脳腫瘍グリオーマです。
c0280416_1502863.jpg

それから2ヶ月が経過しておりますが、それ以降MRI は撮っておりませんので、
その後頭の中がどのような状態になっているのかはわかりませんが、
今のところは元気です。
中耳炎の抗生物質は服用してから2ヶ月が経過したので、
後は様子見ということで薬は打ち切りました。

他の方のブログなども参考にさせていただきながら作った玄米食の一例です。
玄米がゆ、鳥のレバー、ごぼう、にんじん、かぼちゃ、小松菜、ホウレンソウ、ブロッコリー
c0280416_1575233.jpg

玄米がゆ、鳥のレバー、ごぼう、にんじん、かぼちゃ、小松菜、しいたけ、鰹節、昆布
c0280416_1584877.jpg

玄米がゆ、豚バラ肉の赤身の部分、ごぼう、にんじん、かぼちゃ、小松菜、しいたけ、
昆布、卵のカラザ
c0280416_1583695.jpg

玄米がゆ、刺身用の鯵、ごぼう、にんじん、かぼちゃ、しめじ、ブロッコリー、卵のカラザ
c0280416_1593394.jpg

どれも美味しそうに食べてくれています♪
c0280416_20077.jpg

ケフィアなるものも作って与えてみました。
c0280416_1534869.jpg

21日(日)まで玄米食を続け、後はドッグフードとサプリメントに切り替えます。
c0280416_2133792.jpg



          にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2013-04-18 02:20 | 犬 脳腫瘍

わが家の暴れん坊将軍

「PET SHOP HAC和歌山」さんからのアドバイスに従い、
8日(月)の夕食から玄米を主食にした食事を与えています。

緑の野菜と一緒に混ぜて与えると良いということでしたので、
9日(火)は、玄米に、豚の細切れ、サーモンのお刺身、ブロッコリー、小松菜、ほうれん草、しいたけ、卵のカラザを混ぜたもの。
c0280416_0213868.jpg

10日(水)は、玄米に、鳥もも肉のひき肉、ごぼう、ニンジン、ブロッコリー、小松菜、ほうれん草、今迄のドッグフード4分の3に、オリジナルフード(フレーク)4分の1を混ぜたもの。
c0280416_024396.jpg

11日(木)は、玄米に、鳥もも肉のひき肉、ごぼう、ニンジン、かぼちゃ、ブロッコリー、小松菜、ほうれん草、しいたけ、今迄のドッグフード4分の3に、オリジナルフード(フレーク)4分の1を混ぜたものを与えてみました。
c0280416_0263458.jpg

どれも変わり映えしませんが、幸いにも美味しそうに食べてくれました♪
c0280416_0312496.jpg


これだけ食べてもまだ食べ足りないらしく、常に食べ物を要求します。
要求が受け入れられないと、絨毯の破壊が始まります(汗)

絨毯の上に置かれている家具さえも倒してしまいかねないほどの怪力です。
温風ファンヒータなどは振動で自動消火してしまっております。

これが
c0280416_035442.jpg

こうなります。^^;
c0280416_0372247.jpg

ダイの日常は、寝ているか、食べているか、散歩しているか、破壊しているかのどれかです(笑)

それにしても、このお腹はいくらなんでもマズイだろう!(大汗)


          にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2013-04-12 00:43 | 犬 脳腫瘍

サプリメント

今日(もう昨日ですが)は良いお天気でしたね♪
ソメイヨシノは散ってしまいましたが、もう八重桜が咲き始めました。
c0280416_255249.jpg

梨の花も満開です!
c0280416_262729.jpg

例年であればゴールデンウィークに見頃を迎えるつつじもこの分だと
今週末には満開になってしまいそうです。
c0280416_28736.jpg

そんな中をのんびりお散歩です。
c0280416_29711.jpg

色とりどりのお花が目を楽しませてくれます。
c0280416_210688.jpg

そんなことはお構いなしに草を食べている様子はまるで牛です(笑)
c0280416_2111856.jpg

お散歩から帰ると、先ずはおやつです。
昨日のプロテインを食べているところです。
c0280416_2131956.jpg


今日は「PET SHOP HAC和歌山」さんからサプリメントが届きました♪
これも、同じ病気のワンちゃんの飼い主さんがブログでご紹介くださったものです。
c0280416_2184081.jpg


脳腫瘍を患ったワンちゃんの飼い主さんのブログを拝見すると、
みなさん、なにかしらのサプリメントを与えていらっしゃるようで、
私もネットで調べたり、かかりつけの動物病院でお聞きしたりしたのですが、
どれもいまいちよくわからず困っていたところ、
ちょうどタイミング良くブログでご紹介くださり、
早速「HAC和歌山」さんにダイの病気や症状を詳しく説明し、
ダイにはどんなサプリメントが良いのか問い合わせたところ、
このようなお返事をいただきました。

「当ショップの考え方でもよければ」ということで、
HAC和歌山さんの許可を得て掲載させていただきました。

**********************************************************
お問い合わせ、ありがとうございます。

脳腫瘍に限らずですが、どんな子でもまず大切なことは、主食を化学的な防腐剤などの一切入っていない自然な食事を与えることと、充分に水分を摂って、ドンドンオシッコすること、それと、散歩は充分に連れて行ってあげることです。
その上で、必要な栄養素を摂れるように考えてあげるのが良いです。
今、ダイちゃんの食事や毎日の散歩や運動はどれくらいの回数と時間でしょうか。

その上でですが、ダイちゃんには、"フラックスシード・パウダー"と"ハーブ・パウダー 腫瘍"、"アップルフルーツ"などがおすすめです。

そうすれば、脳腫瘍に負けない体力づくりと免疫機能の向上、血液をサラサラにする作用もあり、強い身体を作る手助けになります。

また、今ドッグフードを与えている場合は、自然な食材を使って、完全な手作り食でなくても、フードに混ぜて与えても良いですから、食べさせてあげてください。

食材としておすすめは、まずは玄米です。
発芽玄米ではなく、発芽していない玄米そのものをドロドロになるまで火を通してから与えてみてください。
かなり強い解毒の作用がありますので、体内の悪いものを出し切ることができます。

ただ、身体に有益なものまで排泄してしまいますので、2週間程度を目処に与えてください。
その後、発芽玄米を与えるようにすれば、また、ビタミン・ミネラルも充分に取り入れることができます。
緑色の野菜と一緒に食べさせてあげてください。

また、肉類では、出来る限り赤身の肉はさけて、白身のお肉が良いです。
魚は、カツオやマグロのような大型の回遊魚よりも、小魚が良いです。
あとは、豆腐やおから、納豆などの醗酵食品と、シイタケやキクラゲなどのキノコ類、それに、昆布やワカメなどの海藻類も食事に混ぜてあげてください。

それと、卵のカラザ(黄身についている白いビロビロしたもの)には抗ガン作用がありますから、人間が卵を食べる時などに、その部分だけをとっておいてダイちゃんに与えてください。
卵は、値段の高い卵が良いです。

食事で最も大切なことは、喜んで美味しく食べることです。
上に書いたような食材から、ダイちゃんが喜んでくれるような食事を作ってあげてください。
基本は、肉類1:野菜類2の割合で、豆腐や納豆はそれに加えて、色々な食材を使って作ってあげれば栄養バランスのことは気にしなくても良いです。

あとは、毎日の生活の中で、楽しいことと、楽しい気持ちで緊張する場面、それと、何よりも心からリラックスできる時間も作ってあげてください。
全身を優しくマッサージしてあげるのもおすすめです。

当ショップのお客さんのワンちゃんでも、今までには獣医さんから見放されたような子でも、回復できたことも少なくありません。
とにかく、毎日を明るく楽しく過ごすことを考えてあげてください。

食事や食材については、他にも抗ガン作用のあるものや効果の期待できるものもありますが、まずは上記のことから始めてください。
その上で様子を見て、また、別の対応も考えてあげれば良いと思います。

よろしければ、また、様子などもお知らせください。

*********************************************************

という、大変丁重なアドバイスをいただき、これならと思い、その中から、
ダイには毎日リンゴを食べさせているので、
「フラックス・シード 亜麻の種 パウダー」
「ハーブパウダー 腫瘍」
「発芽玄米 ドライパウダー」
の3点を注文してみました。

そうしたら、おまけにこのような物までいただきました♪
c0280416_2481675.jpg


で、届いたサプリメントですが、すぐには使わずにアドバイスいただいた通り、
1時間半かけて炊いた玄米に、今迄のドッグフード4分の3、
㈱吉岡油糧さんのオリジナルドッグフード4分の1を混ぜて与えてみました。
c0280416_2471763.jpg

今、改めて読んでみたら「緑色の野菜と一緒に」と書いてありました(汗)

でも、折角体内の悪いものを出し切ることができる玄米を与えても、
以前のドッグフードや市販のおやつを一緒に与えていたら効果はないか・・・
「HAC和歌山」さんに相談してみようかな。


締めは本日の修繕(笑)
c0280416_2551744.jpg

きりがないので、暖かくなってきたことでもあるし、
今シーズンはお布団の出番はここまで!
今晩からタオルケットと毛布とベッドカバーだけにしていただきます。
毛布もベッドカバーもスケルトンですけどね(笑)


          にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2013-04-09 03:03 | 犬 脳腫瘍
ダイと同じ病で闘っているワンちゃんの飼い主さんのブログで、
国産厳選素材 無添加・手作りドッグフードの㈱吉岡油糧さんで
期間限定「お試し体験セット」が送料・代引手数料が無料で¥300 という情報を得て、
これ幸いと、早速申し込ませていただきました♪

こちらでは、スタンダードフードの他に、
そのワンちゃんの年齢や健康状態、体格や好みに応じて成分を配合していただける
オリジナルフードというものがあります。

この「お試し体験セット」でもオリジナルフードを作っていただけるとのことで、
ダイの病気や飲んでいる薬の副作用などについて詳しくご相談させていただき、
本日それが届きました!

入っていたのは、

【主食】
1.オリジナル(Pライス)フード シニア(7mm) 1kg×1袋
2.オリジナル(Pライス)フード シニア(5mm) 1kg×1袋
3.オリジナル(Pライス)フード シニア(フレーク) 300g×1袋

c0280416_2313665.jpg

これはダイのオリジナルフードです。(3種類の違いは粒の種類(大きさ)です)

【サプリメント】
4.ビーフ+ミルク 100g×1袋
5.プロテイン501 1袋(3本入り)

c0280416_2322720.jpg


早速プロテインを与えてみました。
カメラを構える間に食べてしまいました!^^;
c0280416_23155980.jpg


次に、今迄のドッグフードを4分の3、オリジナルフード(フレーク)を4分の1の割合で
手作り食の、ごぼう、にんじん、豚肉の煮汁でふやかし、
ワカメ、キャベツ、ほうれん草、豆腐、卵のからざ、サーモンのお刺身を加えて作ってみたのですが、オリジナルフードの方は溶けて形がなくなってしまいました(笑)
これはふやかさずに後から混ぜた方が良さそうです。
c0280416_23152973.jpg

それにしても量が多くなり過ぎ、さすがのダイも食べきれませんでした(汗)

本日の修繕(^_^;)
c0280416_2320670.jpg

昨日ダイソーで買ったアイロンパッチの内、10個を使ってしまいました。
毎日これではたまりません!(>_<)


          にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2013-04-07 23:24 | 犬 脳腫瘍