ボストンテリアのダイちゃん 闘病記 venus308cc.exblog.jp

犬 脳腫瘍


by venus308cc
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

発作再び

皆様、こんにちは。
お変わりございませんでしょうか?

最近のダイは下痢による体重の減少や脱水症状の緩和の為に
週に2回、輸液を首の後ろに点滴してもらっております。
理想は自宅で毎日出来ればその方が良いそうなのですが、
母も私も気が小さいので、ダイに注射針を刺すという行為が怖くて敬遠したいのと、
自宅では暴れん坊将軍のダイがおとなしく点滴をされている筈もないことから、
生活に支障のない範囲でぎりぎり週2回の通院となっております。

散歩から帰った後や、お水(ぬるま湯)を飲んだ後など、
1日に2~3回ゲボッと少量吐くことがあったのですが、
年末年始の1週間ばかりは何故かそれが治まっておりました。
でも、また2~3日前くらいから吐くようになりました。
薬を飲んだ後には散歩をさせないとか、お水を飲ませないとかして、
薬を吐かないようには気を遣っております。
薬を飲んだ直後に嘔吐した場合には、やむを得ず吐瀉物を食べさせるようにしています。


昨日は今年初通院でした。
点滴に加えて、お腹のレントゲンとエコー検査もすることになりました。

所見では特にあきらかな異常は見られなかったものの、
胃の底部から腸にかけて、砂のような粒々の固形物がレントゲンに写っており、
何か食べたか聞かれたのですが、缶詰のフード以外食べさせた記憶がありません。

それとエコーでは、胆のう内壁に粘ついた胆汁がこびり付いており、
この先それが胆のう内に充満してしまうと胆のうが破裂してしまう恐れがあるので、
そうなると普通(麻酔が可能な状態)なら外科的手術が行われるそうですが、
ダイの場合はどうなるのでしょう。
まぁ、それはそうなったら考えるしかなさそうです。

それと昨日の通院では耳掃除と肛門絞りもお願いしてすっきりしたダイちゃんです。


c0280416_157737.jpg



昨日は夕方ダイニングテーブルの下で寝ているとき(PM6:40)に
1ヶ月ぶりの発作が起きました。
3分位で治まり、発作後は何が起きたのかわからないような表情でウロウロしておりましたが、
しばらくすると落ち着いてまた同じ場所で寝てしまいましたので、
座薬を使用するほどでも病院に連れていくほどでもありませんでした。

でもダイの場合、1度発作が起きると立て続けに起きるので主治医も心配しており、
案の定、PM11:45にベッドで寝ているときにまた2度目の発作が起きました。

しかし、この時も発作自体は3分位で治まり、
発作後鼻を鳴らしながらウロウロし始めたのでリードを付けて外へ連れ出したら、
寝る前にもチッコをしたにもかかわらず、また大量のチッコが出ました。
これでまた落ち着いて寝てくれるかと思ったら、
ベッドの上を歩きまわり、ベッドからマットレスが敷き詰めてある床に転落したり、
私のことをガブガブ噛んだりと一向に落ち着かないので、
ウンPも出るのかと、また着替えて外へ連れ出しても出ず、
結局、私が足を拭いたタオルを洗ったり着替えたりしている間に
母が毛布にくるんで抱っこしていたらようやく落ち着いて、朝まで寝てくれました。

今日は具合がよくなさそうで2回ほど吐いたり、1日中寝て過ごしておりました。
かといって食欲はあり、吐きそうになったときにすかさず新聞を差し出したら、
それを噛み千切ろうとしたり、まだまだ元気です。


でも、骨に皮を被っているだけのガリガリになったダイちゃんをみていると、病気になる前に
おやつの与え過ぎで中性脂肪を減らすのに悪戦苦闘していたのが嘘のように思えます。
こんなになっても生きていられるのは、そのときの蓄えがあったからかもしれないと思ったりしています。
また、嘔吐する前までは病気が判明しても毎日のように長距離散歩をさせていたので、
体力や筋肉がついていたせいもあるかもしれません。

最近は近場にトイレ散歩に連れ出す程度ですので、ダイが痩せていく反面
私と母は太る一方で困ったものです(汗)



これからますます寒さ厳しくなりますので、皆様お身体には十分お気を付けくださいませ。

また、闘病中のワンちゃんと飼い主様、大変でしょうがご一緒に頑張りましょう!



               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2015-01-06 15:44 | 発作