ボストンテリアのダイちゃん 闘病記 venus308cc.exblog.jp

犬 脳腫瘍


by venus308cc
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

新年のご挨拶

皆様、新年あけましておめでとうございます!

c0280416_22195573.jpg


c0280416_22163360.jpg


昨年もダイと私達家族を応援してくださり、ありがとうございました。

おかげさまでダイが脳腫瘍と診断されてから2度目のお正月を迎えることが出来ました♪

c0280416_22463815.jpg


c0280416_2251302.jpg



お気付きになりましたでしょうか。
年末にシステムキッチンを新調しました。
以前のものは40年も使っていたので、さすがにこの辺りで交換することにしました。

c0280416_23363941.jpg



両親の布団で寝ている時に掛けてもらった毛布を引きずりながら起き出してきたダイちゃん(笑)
c0280416_22484316.jpg



元気いっぱいで食欲も旺盛なのですが、
水分と栄養分が体内に吸収されずに下痢となって体外に排出されてしまうようで、
ガリガリに痩せて一時は10kgを超えていた体重が
現在では7kgを割ろうかというところまで落ちてしまいました。

c0280416_233092.jpg


色々な種類の抗生物質や短期でステロイド剤なども試してはいるのですが、
下痢は治まらず、血液検査の値が膵臓も肝臓もよくありません。

特に最近では栄養不良による総蛋白やアルブミンの数値が急激に減少しております。
主治医の話では、このままタンパク質が体内に吸収されないと
近いうちに腹水が溜まるのは時間の問題だそうです。

c0280416_2333072.jpg


ネットで調べたところ、「ペット漢方相談ドットコム」の「腹水お悩み相談室」によれば、
血液の中には「アルブミン」というタンパク質があり、
このアルブミンが血管内の水分を保持したり水分を血管内に引き込む役割を担っています。
アルブミンが減少する事により、一度血管の外に出た水分(腹水やむくみ等の水分)を
血管に引き戻す力が低下し、腹水が徐々に増えてきます。
アルブミンを生成しているのは肝臓ですので、
肝臓の力が弱くなると、腹水が増えやすくなります。
とのことです。

ウルソ錠とか肝臓の薬やサプリメントは服用しておりますが、
膵臓と肝臓の為には薬を減らした方が良く、
薬を減らせば発作が起こる可能性が高くなるという、究極の選択を迫られております。

私の方針は、少しでも長くではなく、少しでもダイの苦痛が少なく楽に過ごせるようにですが、
これから先は今まで以上に厳しくなってくることを覚悟しておかなければなりません。


今はダイと手枕で寝ることが至福の時に感じられます。
あと何日一緒に寝られるのか わかりませんが、
来月の27日がダイの10歳の誕生日ですので、その日を目標に頑張ります!


母の日に買って植え替えたカーネーションもまだ花を咲かせ続けているのですよ。
c0280416_23262223.jpg

ダイにもまだまだ頑張ってもらわないとね!


あ、そうそう!
PE-CHA (ペチャ) Vol.15」が発売されておりましたよ!
c0280416_23303087.jpg


ダイは載っておりませんが、「鼻ぺちゃ犬川柳カレンダー」を目当てに買って来ました♪
c0280416_23305245.jpg



鼻ペチャのワンコの飼い主の皆様、闘病中のワンコの飼い主の皆様、
今年も一緒に頑張りましょう!

今年もダイ共々よろしくお願い致します。m(__)m



               にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by venus308cc | 2015-01-04 23:38 | ご挨拶